WordPressで記事を書いていて、テキストエディタからビジュアルエディタに変更できなくなるエラーの原因・対策と解決方法についてご紹介します。

 

上の画像のように、「テキストエディタ」に変更した「ビジュアルエディタ」のタブをクリックしてもビジュアルの画面に切り替わらず無反応。

 

 

「PS Disable Auto Formatting」プラグインの停止

アップデートなどで、プラグイン同士やテーマとの相性が悪いと不具合が出ることがあります。

私の場合、WordPressアップデートによって、WordPressのプラグイン「PS Disable Auto Formatting」との相性が悪くなってしまい、不具合を引き起こしていました。(2016年頃)

※PS Disable Auto Formattingは、テキストエディタとビジュアルエディタを切り替える時にpタグとbrタグなど改行コードを調整してくれるWordPressのプラグインです。

 

このプラグインを導入しないままエディタの切り替えを行うと、記事の改行箇所がリセットされてしまい、レイアウトが崩れてしまったり見栄えが大きく変わってしまいます。

なので、両方のエディタを使う場合はこのプラグインは必ず入れておく重要なプラグインになります。

 

しかし、今回のエラーはこのPS Disable Auto Formattingが原因となっていましたので、プラグインを停止します。

 

そして、エディタ変更の問題を解決するために「TinyMCE Advanced」というWordPressプラグインを導入して設定をします。

 

 

 

TinyMCE Advanced導入と設定

PS Disable Auto Formattingを停止したのでエディタの切り替えは出来るようになりましたが、このままでは改行の問題があります。

 

エディタを切り替えた時にレイアウトが崩れてしまう問題を解決するために、TinyMCE Advancedというプラグインを導入して設定します。このプラグインも導入している方が多いと思います。

 

このTinyMCE Advancedの設定で、エディタ切り替えの時のレイアウト崩れを回避できます。

 

 

設定の手順

①TinyMCE Advancedをインストールして有効化

②「設定」からTinyMCE Advancedを選択して設定画面を開く

③Stop removing the <p> and <br /> tags when saving and show them in the Text editorにチェックを入れる

WordPressテキストからビジュアルエディタに変更できない時の対処方法

設定画面の「Advanced Options」

Stop removing the <p> and <br /> tags when saving and show them in the Text editor

(<P>の除去を停止し、保存/>タグを<brとテキストエディタでそれらを表示)

 

この部分をチェックして有効にしておけば、エディタ切り替え時のレイアウト崩れの問題も回避できます。

 

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」