はじめに

自分のWebサイトを作りたい!そう思ったら世界中で最も有名なCMSの1つWordPress(ワードプレス)を使ってウェブサイトを作る方法があります。

WordPressを使えば、ソースコードを1から書いて作るよりもずっと簡単に素早くWebサイトを作ることができます。サーバーやデータベースに関する深い知識がなかったとしてもサイトを作ることはできますが、WordPressの仕組みを理解しておくことで思い通りのサイトを作ることができるようになります。

このページではWordPressの仕組みを紹介しています。

 

 

WordPressの特徴

  • WordPress本体
  • テーマ(テンプレート)
  • プラグイン(機能拡張)
  • MySQL(データ)

WordPress(ワードプレス)は、PHPとMySQLで動くCMSで、GPL(General Public License)にしたがって配布されているオープンソースのソフトウェア(誰でも自由に開発・配布することができる)です。WordPressのデザインテンプレートのことをワードプレスでは「テーマ」と呼びます。テーマは、PHPとHTML・CSSで書かれているのでソースコードを編集すればデザインのカスタマイズもできます。テーマは無料のものが豊富に揃えられています。また、WordPressでは「プラグイン」で欲しい機能を簡単に追加することもできます。プラグインもPHPで作られているので、欲しいプラグインが見つからない場合は自分で作ることも可能です。

  • PHPによる動的なページ生成
  • 標準添付のテンプレート等がウェブ標準に準拠
  • 記事への複数カテゴリー設定に対応
  • カスタマイズ可能で検索エンジンフレンドリーなURL
  • テーマによる簡単なデザインの切り替え
  • プラグインによる拡張機能
  • WYSIWYGによるエントリ編集
  • 投稿スラッグによるパーマリンクURL作成

ウィキペディア参照

 

 

通常のWebサイトが公開される仕組み

作ったWebページを配信用のソフトウェアが入ったコンピューター(サーバー)にアップロードすることで、URLや検索キーワードなどでアクセスした時にWebサイトが表示されます。

 

 

URL(アドレス)について

ウェブページやネット上のあらゆるデータにアクセスするために用いられる、インターネット上の住所のことで、InternetExplorerやGoogleChromeやSafariなどのウェブブラウザの上の検索窓に表示されます。

 

 

ドメイン名はインターネット上のウェブサイト識別するためのもので、通常はドメインを提供している会社からお金を払って希望のドメインを取得します。取得しようと思ったドメインが他の人にすでに取得されていた場合は、別のドメインを選択する必要があります。

 

 

WordPressが公開される仕組み

WordPressはサーバーにインストールして使います。WordPressで作ったウェブサイトの場合、サーバー上のデータに画像ファイル・テーマ・プラグインなどのデータが含まれ、データベース上のデータに記事・カテゴリ・コメント・管理画面の設定情報のデータが含まれています。

URLや検索キーワードなどでアクセスした時に、サーバーにあるWordPressからこれらのデータが呼び出されることでWebサイトが表示されます。

サーバー上のデータ:画像ファイル、テーマ、プラグインなどが含まれます。

データベース上のデータ:記事、カテゴリ、コメント、管理画面の設定情報などが含まれます。

 

 

WordPress(ワードプレス)本体のファイルの構成

WordPressをインストール(もしくはダウンロードして圧縮ファイルを解凍)した時のファイルの種類です。

No.種類ファイル名称目的・用途
1folderwp-admin管理画面系のファイルが格納されているフォルダ
2folderincテーマ、プラグイン、言語などで構成されているフォルダ
3folderotherAPI、クラス、関数が格納されているフォルダ
4phpindex.phpテーマの使用チェック後に”wp-blog-header.php”を読み込む
5phpwp-blog-header.phpワードプレスの環境とテンプレートのロード
6phpwp-load.phpワードプレスの起動ファイル
7phpwp-config.php設定ファイル ※ダウンロード時は “wp-config-sample.php”
8phpwp-settings.phpワードプレスが動くための変数・関数・クラスの基本設定
9phpwp-signup.phpブログ名・ユーザー名・メールアドレス登録、検索設定
10phpwp-login.phpユーザーの登録/認証 パスワード発行/リセット
11phpwp-activate.phpユーザアカウントの有効化
12phpwp-trackback.phpトラックバック処理と ping 送信用
13phpwp-mail.phpメールによるブログ投稿用
14phpwp-comments-post.phpコメント投稿用
15phpwp-cron.phpPHPによる擬似cron job
16phpwp-links-opml.phpリンクの OPML XML 出力用
17phpxmlrpc.phpxmlrpc 通信(XML-RPC protocol support for WordPress)
18txtlicense.txtWordPressのライセンス
19htmlreadme.htmlWordPressの説明書
20htmlreadme-ja.htmlWordPressオリジナル(英語)から日本語版への変更点の記述

 

 

WordPressファイルが読み込まれる順番

ウェブサイトが表示されるまでの、WordPressファイルが読み込まれる順番です。

読込順ファイル名称動き
1index.phpテーマが使われているかチェック後に 順序2. wp-blog-header.php を読み込む
2wp-blog-header.php順序3. wp-load.php順序4. wp-config.php順序5. wp-settings.phpと順に処理し
順序6. other/template-loader.phpの処理をする
3wp-load.phpワードプレスの起動ファイル順序4. wp-config.phpを探して読み込む、wp-config.php が存在しなければエラーとし作成するか問われる
4wp-config.phpDB情報(DB名、ユーザ名、パスワード、ホスト名、utf-8、照合順序)、認証キー、DBテーブルの接頭辞、ローカル言語(日本語)、デバッグモード(on/off)の設定情報を読み込み、ABSPATHが未決定なら決定し、次に順序5. wp-setting.php を読み込む
5wp-settings.phpワードプレスが動くための基本設定を行うために、otherフォルダ内のファイルを読み込み、変数・関数・クラスの設定を行う。
6other/template-loader.phpテーマフォルダ inc / themes / ○○○ / ***.phpから、(single.php、archive.php、index.php)などのテンプレートファイルを読み込む

 

 

WordPress(ワードプレス)テーマの仕組み

WordPressテーマのファイルはテーマごとに異なりますが、ほとんどのテーマに入っているファイルを紹介します。

  • トップページ、投稿ページ、固定ページ、アーカイブ、検索窓、404ページなど目的別ファイル(index.php、single.php、page.php、archive.php、search.php、404.php)
  • ヘッダー、サイドバー、フッターなど、上のテーマファイルで共通利用するためのテーマファイル(header.php、sidebar.php、footer.php)
  • デザインを成形するスタイルシートファイル(style.css)
  • テーマに使用する画像用フォルダ(images)

 

 

WordPress(ワードプレス)テーマの読込順

 

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」