“厳選したトレード”だけを行えば、トレード回数は少なくても十分稼げます。

1日1回取引できればよし。むしろ取引しない方が良い1日もある。

 

前回のお話しで、初心者はデイトレード、スキャルピングの方がエントリー&イグジットを覚えやすく相場の雰囲気を掴みやすいと話したが、理由がある。

前回の記事→ FX初心者がまず始めにやることは勝ち癖をつけること

 

FXはじめたての初心者の方にとって、さまざまな感情が出てくることと思う。欲と恐怖が表出してくる。

どれだけ優秀なテクニカル分析を持っていてもルールを守れないと負けてしまう。また、それら感情を体験して乗りこなすために必要なのは、実際に相場を張るしかないのだと私は思う。

相場を体験することで見えてくるものがあると思っている。

よって、相場の時間感覚がわからない初心者にとってはスイングよりデイスキャの方が値動きを感じやすい、相場の雰囲気を掴みやすいとお話しさせてもらった。

 

“稼ぐ”ために必要なのは、トレードを厳選するということ。

 

なぜ厳選するのか?

その理由の1つは、ポジションを持つときには必ずスプレッド(手数料)が発生するからだ。

 

例えばロング(買い)でエントリーした場合、エントリーポイントの少し上に線が入ります。その線を超えてはじめてプラスになります。この幅がスプレッドです。

つまり、トレード回数を増やすほどスプレッド分をリスクにさらすことになる。スプレッドはトレードするたびに毎回かかってくる。つまり、トレード回数が増えると同時に資金を減らすリスクも増やしていることになる。

 

安全にトレードできるところは限られています。

環境認識(マルチタイムフレーム分析)によって、エントリーポイントが見つけやすくなるのです。週に数回程度のトレードでも十分稼げます。

 

相場の流れにしたがったトレード

これを意識しています。

 

自然の中で生きる猛禽類(鳥)も、獲物を狩るときは狙いを定めています。

むやみやたらに動いてはいません。ここぞ、というタイミングで狙いにいきます。

 

稼ぐのはもちろん大事だが

“資金を減らさない”ことの重要性も伝えていけたらと思う。

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」