【読み方:いちばんぞこ】

一番底は、マーケット全般で使われる用語で、下げ相場における安値水準で、何度かある安値のうちの最初の安値をいいます。

一般に下げ相場では、一気に大底をつけることはなく、若干の戻しを交えながら数度にわたって安値を更新していきます。

その際の一番目の安値を「一番底」、次の安値を「二番底」、その次の安値を「三番底」と言い、そして最も安いところを「大底」と言います。

なお、こうした底値)の確認は、通常、チャートを見て判断することになります。

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」