イラスト:Macrovector – jp.freepik.com によって作成された flyer ベクトル

 

 

「長者番付」知ってる?

長者番付とは、国税庁が公表していた高額納税者名簿のことです。

 

出典:「2004年高額納税者名簿」トップ100人は、ダイヤモンド・オンライン2020年1月15日

 

 

年収100億円サラリーマンの秘密

現在は、個人情報保護などの観点から2006年に廃止になっているため、2005年5月が最後の長者番付となっている。当時は、所得税額が1000万円超の納税者個人の氏名や納税額、さらに住所まで全国の税務署に掲示されていたという。2004年分の所得税額に基づき長者番付最後の高額納税者が公表された。

 

見事1位を獲得したのは、清原達郎氏。40億円近い納税額を納めたという。

清原氏は当時、投資顧問会社の運用部長だったそうで、中小型株で凄まじい運用実績を上げた。そのため、多額の成果報酬が年収に反映されたという。その額推定100億円。経営者ではなく、サラリーマンが初めてトップになったことでも注目を集めた最後の長者番付。

 

やはり、“投資は稼げる” そう改めて感じた。

私も、この事実を知り、“サラリーマン”という仕事に対して見方が少し変わった。お金を稼ぐために必要なものはつまり、「環境」「やり方」次第。

どんな仕事をしていてもお金を稼ぐことにはかわりない。サラリーマンでも百億単位のお金を稼ぐことは可能なのだ。

 

もちろん、稼ぎやすいジャンルはある。

投資関係はかなり良いと思う。

私はFX(為替)が好きなのでFXのトレードをしている。指先1つで世界のマーケットに繋がることができるから、なんかカッコ良い。

 

FXってなに?という方は、お年玉キャンペーンで期間限定FXトレード講座をブログで実施中なのでこっそりのぞいてみよう。

→ 期間限定FXトレード講座

→ FXトレード講座 今週のまとめ20200119

 

 

サラリーマンが副業でお金を稼ぐ方法

投資については、もちろんリスクもあるが、何もしなければ何もかわらない。

昨今、政府や企業も「副業」を推進するようになったが、投資にかぎらず、何かお金儲けを始める前には、準備をしっかりした上で始めることを私はお勧めする。生活資金、事業(副業)に充てられる資金、時間、必要な技術、備品、資格etc、を把握しておいた方が良いだろう。

 

副業を始めるぞ!思い立った時が吉日。

自分と相性の良い仕事、稼ぎ方を見つけることも楽しみの一つ。

 

  • 投資関連→ FX(為替)、株、不動産、債権、仮想通貨 etc
  • ネットビジネス→ アフィリエイト、Googleアドセンス、YouTube、ブログ、インスタグラマー、メルカリ、ヤフオク、バイマ、note etc
  • オリジナル商品販売→ 服、デザイン、雑貨、アクセサリー etc

 

EVAHKSの街頭アンケートでは、月に1万円でも収入が増えたら嬉しいと答える人が1000人中498人、そうでもないと答える人が267人、もっと欲しいと答えた人が235人でした。

月に1万円を稼ぐことは難しくありません。

大切なのは、安定した収入を継続させることです。

脱サラを目指している方は特にここを注意して、事業計画を立てましょう。

ちなみに、収入には2種類あります。

 

サラリーマンの副業選びは、フロー収入ストック収入の違いを意識するべし

収入には2種類あります。

フロー収入ストック収入です。

 

フローは“流れ”という意味で、「フロービジネス」は常に顧客との関係が継続的ではなく、その都度顧客と関係を築きます。例えば、飲食店や雑貨屋さん、服屋さん、コンビニなどもフロービジネスになります。代表的なフロービジネスは小売り業ですね。

ストックは“蓄積”という意味で、「ストックビジネス」とは蓄積型の売上、収入構造を持ったビジネスの事を指しています。顧客を囲い込み、継続的にサービスを提供しながら長期的に収入を上げていくスタイルです。一定の会員数を確保してしまえば、安定的な収入、収益を見込む事が出来るのが特徴です。例えば、スポーツクラブやクレジットカード、オンラインサロンなどがストックビジネスになります。

 

この2種類の違いを理解しておくと、副業を選ぶときにも稼ぐまでの具体的なイメージが湧きやすいと思います。イメージが湧くと行動もしやすいです。

さらに、サラリーマンの人が自分にぴったりの副業を見つける方法をお伝えします。と思ったのですが、時間がきてしまいました。続きはまた今度。

 

 

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」