サムネ写真 ©︎ 尾田栄一郎

ONE PIECE967話のタイトルは、「ロジャーの冒険」。

ワの国を飛び出し白髭の船に乗り込んだかと思えば、いつの間にかゴール・D・ロジャーの船で冒険をすることになったおでん。

おでんとの出会い、そして海賊王になるまでのロジャーの冒険の数々が描かれる。

 

明らかになった古代兵器「ポセイドン」の謎

ロジャー一団はシャボンディ諸島でネプチューンと話している。

もうじき、海王類と会話できる人魚姫が生まれるという。

しかも、その人魚姫が「ポセイドン」と呼ばれる古代兵器であることが今回、明らかになった。(前からだっけ?まぁいいや)

 

ワンピースフリークの皆さんはご存知の通り、しらほし姫(可愛い超巨大な人魚姫)のことですね。

 

ロジャー達が古代兵器を手に入れようとしていると思ったネプチューンは心配するが、レイリーはそれを一蹴する。

 

おれ達が欲しいのはそれを「兵器」と名付けた奴らがこの世に残した莫大なお宝」だ!!!

by レイリー

 

“海賊王”世界一周のために必要なアイテム

今回、967話では、最後のロードポーネグリフを手にした瞬間が描かれている。

病に侵され先は長くないと知ったロジャーは、世界一周に必要な仲間を集めた。その中の一人がポーネグリフを読めるワの国のおでんだったり、医者のクロッカスさんだったりする。(ロジャーもポーネグリフ読める)

ロジャーが海賊王となるまでに必要だったモノは、各能力をもつ仲間達。そして、世界一周を示す4つのロードポーネグリフ(歴史の本文)と、いくつかのリオポーネグリフ(真の歴史の本文)。

そして、ついに、4つのロードポーネグリフが揃ったが、ロジャー船長の容体は悪化していく。すぐに出発することになった。

ロジャーの船のクルーとして働いていたバギーは、突然の高熱のため乗船することができず、シャンクス(同じくクルー)が看病を買って出た。

いつも喧嘩している二人。

優しいシャンクスにファンの心が持っていかれたことだろう。

バギーの看病についたのは優しいからなのか、それとも何か他に理由があるのだろうか。

「行くんだったら俺たちはいつか自分の船で行くよ!!!」

by シャンクス

【ラフテルの名前の由来】世界の覇者“海賊王”ゴール・D・ロジャーの誕生!

前人未到の世界一周を果たした海賊ロジャー一団。

世界にニュースが広がった。

世界の全てを知った –

空白の100年とは

Dの一族とは

古代兵器とは

ロジャーと仲間達は世界の秘密を知る。

そして本当にあった莫大な宝“ワンピース”

ワの国はかつて世界と接していた

本当にあった莫大な宝を目の前に

ロジャーはあのとき

笑ってた

仲間たちも一緒に涙が出るほど笑った(もうすぐ最終回かな)

とんでもねぇ宝を残しやがって!

とんだ笑い話だ!!

800年も行きつけなかったこの「最後の島」にこんな名前をつけねエか?

ラフテル と

Laugh tale

Laugh tale(ラフテル)の意味

ラフテルの名前の由来が明らかになった。

漫画では、“ラフテル”と書かれた横に“Laugh tale”と英語で書かれていた。ここがなんだか気になったので調べて意味を書いておく。

 

Laugh tale の意味

:笑い話(Weblio調べ)

似た言葉→ Funny story

 

Laughの意味

(声を立てて)笑う、(…を)見て笑う、おもしろがる、笑い声のような音を出す、うれしそうである、満足な状態にある。

(Weblio調べ)

 

Taleの意味

(事実・伝説・架空の)話、物語、(たわいもない)むだ話、作り話、うそ、(人の秘密などの)うわさ話、中傷。

(Weblio調べ)

 

みんなの考察はコメントに書いてくれ。

面白い考察とかあったら是非教えてくれよな。

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」