自由でクリエイティブな暮らしを応援!
Search

二点天井(二重天井)

はじめに

FXのチャートパターン「二点天井(二重天井)」の解説ページです。

値動きが上昇基調から下落基調に転換する「トレンド転換」を判断するのに有効な代表的な分析です。発生する頻度が高く、比較的汎用的なのが特徴です。

 

二点天井(二重天井)とは

【読み方:にてんてんじょう、にじゅうてんじょう】

二点天井(二重天井)は、「ダブルトップ」とも呼ばれる、チャートパターンの一つです。

 

チャート内で二度同じくらいの高値を付け、ローマ字のMのような形状のものをいいます。これは、上昇・下落・上昇・下落を繰り返し、相場の天井圏で二つの高値が形成された後に、その二つの高値の間の谷にあたる部分の安値水準(ネックライン)を二度目の下落の際に下回った(割り込んだ)場合に、上昇から下落へ反転するチャートパターンです。

 

また、二点天井とは逆に、チャート内で二度同じくらいの安値を付け、ローマ字のWのような形状のものを「二点底」と言います。

一般に二点天井は、天井圏で出現しやすい形で、相場の天井を示す「売りシグナル」のチャートパターンとして知られています。下落に転じたときのチャートの形で、アルファベットの「M」のような形のチャートです。

 

このチャートの形が出現すると、天井を打って下落トレンドに入る可能性が高いと考えられます。但し、ネックライン(1番天井を形成した後の安値)を超えて、はじめて下落トレンドへ転換した(売りサイン発生)と判断することができ、二点天井が完成されます。

 

ダブルトップとは?FX用語解説

 

一般に二点天井は、天井圏で出現しやすい形で、相場の天井を示す「売りシグナル」のチャートパターンとして知られています。

 

通常、上昇相場では、一度付けた高値は強く意識され、特に売りの値頃感を市場参加者に提供することになり、二度目の高値にぶつかったところで、この水準を抜けないと、もう一段階下落することが多いです。なお、ネックラインからの下げ幅の目安としては、二点天井の高値とその間の安値との値幅と同程度とされています。

 

ダブルトップとは?FX用語解説

 

二点天井に関する関連記事

→ ダブルトップ

→ ダブルボトム・ダブルトップとは

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」

EVAHKS

運営:嶋耕作(しまこうさく)『相場の熊さん』の愛称で親しまれているFX裁量トレーダー、ライター。自然が好きで日本国内に山所有。ひいお爺様は外交官。20代前半に教育関連事業にて年商3億円達成。その後、肺炎で臨死体験。世界人口4%の性格タイプを持つ。自由と安定。混乱と静寂。異なる性質のふたつを併せ持っている。趣味は読書、映画、アニメ、PUPG、人狼ジャッジメント、バスケ、音楽。好きな場所は、海、森、温泉、猫の肉球。漫画の島耕作はサラリーマンですが、サラリーマンはこの世で一番やりたくない仕事です。

2 Comments
  1. […] こちらの記事は移動しました。詳細はこちらをご覧ください→ 二点天井(二重天井) […]

  2. […] ダブルトップは、「二点天井(二重天井)」とも呼ばれ、相場の天井を示すチャートパターンで、天井が二つあるチャートの形です。 価格が大きく上昇した後にいったん下落し、再び前 […]

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください