【読み方:おおぞこ 英語名:Major bottom、Rock bottom】

大底は、マーケット全般で使われる用語で、循環相場の最安値で、相場が最も下落した状態のことをいいます。これは、中長期的に見て、それ以上の水準に下落することはないだろうという目安になる安値とされます。ただし、大底をつけたという判断は、その後の相場つきの変化によってなされるのが一般的です。

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」