#おはよう

「相場の熊さん」でお馴染みのFX裁量トレーダー嶋耕作です。自然が好きで日本国内に山所有。ひいお爺様は外交官。

 

 

ゲームから学べるFX・為替・投資・投機の心得

PUPGというゲームがあります。

今回はスマホ版PUPGでプレーしてみた。

トレードとゲームは似ているので、今回ブログで解説します。

もしかしたら、この記事を見ている人の中には、ゲームのこともFXのこともよく分からない!という方もいるかもしれません。

 

なんとなくでもいいので、雰囲気が伝わるといいなぁと思います。

 

#おはようゲームから学べる投資(投機)の心得・索敵・待つ・エイムこの3つのバランスを整えると生き延びながらキルを稼げるするとランクが上がる【ランクの意味】PUPGモバイルでは、7つのメインランク:ブロンズ、シルバー…

嶋 耕作さんの投稿 2020年2月25日火曜日

Facebookの動画貼ってみました。見れてますか?

 

ゲームで勝ち続けるコツ

 

・索敵

・待つ

・エイム

 

この3つのバランスを整えると

生き延びながらキルを稼げる

するとランクが上がる

 

【ランクの意味】

PUPGモバイルでは、7つのメインランク:ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンド、クラウン、エース、各ランクにそれぞれ5つのサブランクが含まれる。勝つとランクを上げるためのゲージが溜まる。負けるとゲージが減る。

 

【キルの意味】

相手を倒すこと。

 

【索敵の意味】

敵のありか(と兵力と)を探り出す行動のことをいいます。

 

【エイムの意味】

エイムとは敵に武器の照準を合わせる事です。 画面の中央に照準がありますので画面の中央を敵に合わせて、中央に敵の姿を捉え続けることがエイムする、ということになります。

 

これをFXに置き換えてみると

●ランク→ 口座のお金

●撃つ→ エントリー

●キル→ エグジット

●索敵→ エントリーポイントを探す

●待つ→ エントリータイミングまで待つ

●エイム→ トレードルール

 

まとめ

エントリーポイントを探して(索敵)、タイミングまで待ち、トレードしても良いのか?自身のトレードルールに照らし合わせ(エイム)、撃つ(エントリー)。攻撃を仕掛けた際に、思い描いていたシナリオと違った場合は損切り(撤退。逃げて隠れる)。利益確定(キル)したら口座のお金が増える(ランクが上がる)。

 

なお、今回のプレー動画ではランクも低く、エイムも糞となっておりますのであしからず。画面が一瞬固まったとかいう言い訳は一切通用しない世界です。トレードは生きるか死ぬかやらないか。この3択です。戦争ゲームを通して学べることがあると思い、今回ゲームの動画を投稿してみました。

 

苦手な人もいると思うけど、

俺もそうだったよ。

銃声恐いしうるさいし。

けど、辛抱して続けた。

嫌だったけど続けた。

 

理由は、友達が毎晩「あそぼうよ〜」と言って半ば強制的に誘ってきたからだ。

当時、損切りが苦手だった俺は「まぁ…うん…いいけど」そんな感じで苦痛を伴いながら遊びに付き合ってあげていた(超上から目線)。

今も仲良しだよ。

 

このゲーム、最初はやり方もよくわからなくて、別に好きでもないし、なにがそんなに面白いん?と思っていた。

たぶん、1人だったら続けてなかったと思う。

 

誰か、何か影響される存在がいて
悔しい!こいつを超える!とか、うまくなりたい!とか、人に言わなくても心の中でふつふつと湧き上がってくる気持ち。始めるとき、変わるときって何かそういうのが大事だとそのとき感じた。

 

そしたら、少しうまくなって

全プレーヤー世界人口トップ10%以内に入ることができた。

※シーズンランク10%のやつ探したけど見つからなかったので、近いものを貼っておきます。また見つけ次第画像貼っておく。

 

トレードは稼げる人が10%とか言われてるけど、稼げる以前に続けるのがみんな苦しいのかなって思う。そんなことありませんか?

 

続けるのもコツがある。

無理せず続けられる方法をまた話します。

 

できるだけ毎日、ブログ書きます。

少しでも役に立てば嬉しい。

いいね、シェアだけでも力になります!

応援してもらえると嬉しいです。

 

また、トレーダー仲間の皆さんからも学びたい気持ちは常に持っています。仲良くしてもらえると嬉しいです。

 

俺は、世界一のヒモになる。

(相場が彼女)

 

よろしくお願いいたします(ぺこり)

❇︎投資の専門用語については下記の検索窓から調べることができます。

FX基礎用語辞典

いいね、シェア歓迎!

 

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」