基軸通貨

読み方:きじくつうか

英語表記:a key currency

 

基軸通貨の意味

基軸通貨(きじくつうか)とは、国際通貨の中でも中心的な存在で影響力を持っており、支配的な役割を占める通貨です。為替や国際金融取引において、基準として採用される通貨のことです。

 

基軸通貨として選ばれる特徴

基軸通貨の選ばれ方ですが、経済力、軍事力において世界の中心となっている国の通貨が基軸通貨になります。米国の以前には英国が世界の中心で、ポンドが基軸通貨として扱われていました。現在は米国が経済、軍事力ともに世界一であるため、米ドルが基軸通貨となっています。

また、全ての通貨はこの基軸通貨であるドルを介して取引されます。

例えば、GBPJPY(ポンドと円)の取引でポンドを買う取引を行う場合でも、表面上は「円-ポンド」の取引に見えますが、実際には円を売ってドルを買い、そのドルを売ってポンドを買うという取引を行っています。どの通貨を取引する場合でもドルが中心となって絡んできます。

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」