HTML画像を貼る方法(サンプルコード)

この様にHTMLで画像を貼ることができます。

<img src="http://evahks.com/wp-content/uploads/2016/02/How-to-draw-the-symbol-of-world-peace-mark-150x150.jpg" alt="world peace mark symbol" width="150" height="150" />

コードはこんな感じ。

画像を貼るHTMLサンプルコード

<img src="画像のファイル名(保存場所URLやパス)" width="画像の幅" height="画像の高さ" alt="代替テキスト">

画像を貼れるシンプルなサンプルコード

<img src="画像ファイル名や保存先URL">

これだけでも画像表示させることができます。

・「画像のパス」には、画像のアップロードされている保存先URLか、相対パスを入れます。初心者はURLの方がわかりやすいかもしれない。

・「画像の幅」は、数値を記述

・「画像の高さ」は、数値を記述

・「代替えテキスト」は、画像の説明文を書いておきます。なくても画像は表示されます。

HTML画像リンクさせる方法(サンプルコード)

HTMLで貼り付けた画像をクリックするとリンク先へ移動する様に出来るサンプルコードを紹介しています。

Follow me!

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

最後まで読んで頂きありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ

さらに下のボタンからSNSに拡散していただくととても嬉しいです!

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください