ホームページを制作する時などに、HTML・XHTMLでコードを記述したり、コピペで追加したりすると思いますが、後でコードを見直した時に何のコードか一目で分かるようにソースコード内にメモを書いておくと良いです。

 

 

このメモのことを「コメントアウト」と言い、ソースコードに日本語などの文字を書いてもサイトのページに表示されない様にしてくれます。

 

 

今回はHTML・XHTMLのソースコードにメモを記述する方法についてご紹介します。

 

 

これはタグではなく「宣言」といいます。

 

 

 

HTML・XHTMLのコメントアウトの書き方

 

<!-- ここに表示したくないテキストを書きます。 -->

HTML・XHTMLでもコメントアウトが可能です。

(記述は同じでも定義がやや異なる部分があります)

 

 

※気をつけることとしては、このタグ内ではハイフン(- ←これのことです。)を2つ続けて使ってはいけないので注意が必要です。

 

 

 

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

最後まで読んで頂きありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ

さらに下のボタンからSNSに拡散していただくととても嬉しいです!