Mac対応XM MT4カスタムインジケータのインストール方法

はじめに

今回は、Mac(マック)で使うXM MT4(メタトレーダー4/MetaTrader4)にカスタムインジケーターをインストールする方法をご紹介します。

FXでは多くの場合Windowsで取引することが主流ですが、MacでもFXの取引は可能です。カスタムインジケータをMT4に入れることで様々な角度からトレードチャンスをつかむことが出来るようになります。

動作確認済み対応機種

  • MacBook Pro
  • ‎MacBook Air
  • iMac
  • Mac Pro
  • Mac OS X Yosemite
  • Mac OS X El Capitan

XM MT4(メタトレーダー4/MetaTrader4)でカスタムインジケータをインストールする方法 for Mac

それでは、カスタムインジケータをMacで使う方法を順番に解説していきます。

①インストールするファイルを用意

Mac対応MT4カスタムインジケータのインストール方法XM

インストールするファイルを用意してください。

②XMTrading>パッケージの内容を表示

Mac対応MT4カスタムインジケータのインストール方法XM

アプリケーションフォルダに入っている「XMTrading」を右クリックし、「パッケージの内容を表示」をクリックします。

③「drive_C」>「ProgramFiles」>「XMTrading MT4」>「MQL4」>「Indicators」フォルダへインジケーターファイルを入れる

Mac対応MT4カスタムインジケータのインストール方法XM

「drive_C」をクリックして、順番にフォルダを開いていき、

Mac対応MT4カスタムインジケータのインストール方法XM

↑「Indicators」フォルダへインジケーターファイルを入れます。

(インジケーター・サインツールの種類によってファイルの種類や数は異なります)

④「drive_C」>「ProgramFiles」>「XMTrading MT4」>「templates」フォルダの中にテンプレートファイルを入れる

Mac対応MT4カスタムインジケータのインストール方法XM

(インジケーター・サインツールの種類によってファイルの種類や数は異なります)

⑤インストール完了!

これでカスタムインジケーターのインストールは完了です。

MT4を再起動してください。

Mac対応MT4カスタムインジケータのインストール方法XM

↑ここをクリックして、定型チャートを選択すると反映されます。

フォルダが見つからない、階層が違うときの対処方法

お問い合わせ頂いた方から、このページで解説されている手順を踏んだのに、階層が違ったりフォルダが見つからないというご質問を頂きました。

ご質問くださった方がXMへ直接問い合わせて確認してくださったので、その手順をご紹介致します。

インジケータのインストールがうまくいかない方は試してみてください。

「Mac MT4カスタムインジケータのインストールでフォルダが見つからない、階層が違うときの対処方法」

以下に簡単な手順を記載致します。

参考にして頂けましたら幸いです。

Xmに問い合わせたところ、「MQL4」、「Indicators」フォルダは隠れているだけで、以下の操作手順で表示することが可能でした。

①Finderをクリックして開く

②Optionキーを押しながら「移動」(Finderのメニュー、画面上部)をクリック、ライブラリを選択

③Application support–>com.XM.MACMT4〜—>drive_C–>Program files–>XM MT4でMQL4を選択

④MQL4→Indicators フォルダの中に、該当のインジケーターを保存

Follow me!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ

さらに下のボタンからSNSに拡散していただくととても嬉しいです!

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください