Google Chromeは世界中で最も利用されているデスクトップ/モバイル向けのWebブラウザだ。1月17日(米国時間)United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は、Google Chromeに複数の脆弱性脆弱性が存在すると「Google Releases Security Updates for Chrome|CISA」にて伝えた。

修正された脆弱性の3つが重大(High)、1つは深刻度が緊急(Critical)に分類されているため注意が必要。

 

これら脆弱性を悪用された場合、攻撃者により影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られる危険性があるとのこと。すでに問題を修正したバージョンが公開されているため迅速なアップデートが推奨されている。

 

その他のブラウザの脆弱性に関する情報は次のページ

Firefoxに重大な脆弱性、ただちにアップデート推奨

 

 

脆弱性が修正されたプロダクトおよびバージョン

  • Google Chrome 79.0.3945.130 Windows版
  • Google Chrome 79.0.3945.130 Mac版
  • Google Chrome 79.0.3945.130 Linux版

 

 

 Google Chromeバージョンの確認方法

Google Chromeはメニューから「Google Chromeについて」を選択することでバージョン情報を確認できる。アップグデート可能なバージョンがある場合、同じページから指示にしたがい、再起動→実施することでアップグレードを実施することが可能。

 

https://chromereleases.googleblog.com/2020/01/stable-channel-update-for-desktop_16.html

 

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」