私がFX(為替)のトレードを始めたばかりの頃を思い出しながら、今でも気をつけていることを中心に書いてみようと思う。

2020年は語呂がいい!ということで、お年玉キャンペーンで今だけ期間限定無料FXトレード講座をブログで実施することにしました。

 

シナリオはありますか?

トレードにおいて、損切り後、即エントリーしようとするときに戦略はあるか?

つまり、相場がどう動くか、どんな動きがきても対応できるように、シナリオを立てているか?ということだ。どんな相場になるのか、流れ、根拠、材料、などかあらかじめ想定しておく。エントリーポイントを探り、エグジットポイントをある程度、想定しておく。これはポジションを持つ時に必ずやる儀式だ。

 

損切り後、即エントリーすることについて話しているわけだが、例えばあなたがポジションを持っていて、それを損切りした時には、必ず何かしらの理由があるはずなんだ。切ったあとすぐにエントリーしてしまう時に、何か勝算があるのなら良いけど、ないならしない方がいい。

 

FX初心者が損切りした後のエントリーは大抵の場合、シナリオがなかったり、なんとなく取り返そうとして、次は勝てそうだからとか、いろんな感情が混ざり合ってぐちゃぐちゃになっちゃうと思う。そう、ぐっちゃぐちゃにね。

中には大丈夫な人もいるかもしれないんだけど、今まで私は見たことがありません。

 

例えば、相場の方向を見誤っていたとか、エントリーが間違っていたとか、もしくはエントリーは良かったけどロット張りすぎて怖くなってしまったとか、損切りした理由って色々あると思う。また、あらかじめ想定した範囲内のドローダウンで、損切りラインに当たって損切った場合もあると思います。

 

なぜ損切りしたか、これを明確にしよう。

新しいポジションを持つ前に。

必ず負けには理由があります。

そして、それが分かったら次の戦いに向かえばいい。

負けない自分になればいい。

 

 

感情に任せたエントリーには気をつけろ!

最近、半沢直樹2がやるってことで、少し前に特別版を見た。

本編は4月から放送されるらしいです。

 

半沢直樹を見て思ったのは、やられたらやり返すのはトレードでは通用しない。ということ。

 

トレードは循環

流れに対してどう対処できるかがトレードの技術の1つ。

 

 

感情を整える

たまに、「感情を消したほうがトレーダーとして優秀です」と言う人がいる。

 

そういう考えもあって良いと思うが、私はそうは思わない。

なぜなら、感情は消せないからです。

仮にもし感情を消せれたとして、生きてて楽しいですか?

トレードを始めた理由は人それぞれだと思うけど、今生きてる人生を幸せに生きたいからトレードの世界に入ったのだと思います。

 

トレードの時に出てくる不安・恐怖・執着・衝動・快感etc

これは訓練である程度、冷静に状況判断、分析、実行できるようになります。

 

FXのトレードで、とくにスキャルピングとか超短期売買をする場合、感情をどのように扱っていくか。これが勝ち続けるトレーダーになるかどうかを分けるポイントの1つだと思う。

 

本質は、感情を消すことではありません。

本質は、「感情を整える」「感情を整理する」と言うこと。

湧き出た感情をどのように扱うか、自分をどう操縦していくか。

 

実際に裁量トレードをしている人ならこの意味わかると思います。

 

PS

もし、わからない言葉が出てきたら、FX基礎知識のページで探すか、検索窓に言葉を入力して検索してみてください。検索しても解説ページが出てこない場合は、解説ページを追加依頼できるようにみんなから連絡できるフォームを作っておきます。

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」