FXでよく聞かれる「窓埋め」を狙ったトレードをすでにご存知の方もいるかもしれません。今回は、窓埋めトレードの注意点について、2020年1月27日(月曜日)ポンド円のチャートを見ながら解説します。

 

前回のFXトレード講座→ 週末のFXトレード講座 マルチタイムフレーム分析ポンド円20200125(Sat)

 

 

2020年は語呂がいい!ということで、お年玉キャンペーンで期間限定無料FXトレード講座を今だけブログで実施することにしました。

 

チャートを見たときにまるで窓を閉めているように見えることから「窓埋め」と誰かが名付けてそう呼ぶようになった。結論からいうと、チャートを見て環境認識をすることが基本となるため、「環境認識」を意識すると良いと思う。

 

窓とは、目に見えないヒゲである。

私はそう認識している。「窓」とはローソク足として視覚化されずに値飛びしているもので、それを視覚化することを窓埋めと呼んでいるだけだ。

 

盲目的に窓埋めを狙ってトレードする前に、なぜ窓が埋まるのか?「窓」のできたチャートをどう考えるのか?ザッと解説していく。

このページは、元手10万円の小額資金から最短最速8日で500万円の利益を上げている私が、自身のトレード経験を基に「FXで稼ぐための窓埋め」について解説していく。

証拠→ FXガチでやればマジで稼げるトレード2018年の記録

 

 

「窓埋め」とは?窓埋めの意味

↑「窓埋め」を狙って実際に稼いでみたスマホトレード

実際に動いている相場を見た方が分かりやすいと思うので、動画を貼っておきます。

 

・・・・・・

 

窓埋めの「窓」とは、金曜日の市場がクローズしてから、月曜日の朝市場がオープンしたときとのレートの大きな乖離のことを「窓」と呼ぶ。英語ではこの開いた空間のことを「ギャップ」と呼んでいる。通常、ロウソク足は連続した値動きを表しているため隣同士が大きく離れることはないのだが、月曜日の朝に関してはよく見られる光景だ。

「窓埋め」とは、その窓が埋まるまでのレートが戻ったことを、または戻ることを窓埋めという。

“月曜の窓は必ず閉まる”と考えるトレーダーもいるので、窓埋めを狙うトレーダーも多い。

 

「窓」が開く理由と稼ぎに繋がる考え方

これは、FXの会社がクローズしている、つまり、取引時間外の閉まっている間に値動きがあったために、オープンと同時に値飛びを起こしてこのような現象になります。土日にMT4やMT5、cTraderを開いて見ても相場が動いていないのが分かると思う。試しに見てみると良い。

FXの取引時間は業者や夏時間、冬時間などの影響もありますが、基本的に土曜日の朝から日曜日の朝までは取引が停止しています。その間は、海外FXの会社も取引が停止されています。

欧米などほとんどの市場では取引が停止になっているのですが、中東やドバイと言ったイスラム諸国では国民の休日が日曜日ではない国もあり、欧米諸国が休みの間にも通貨取引の全体量は圧倒的に少なくなりますが取引は行われています。

また、何億単位で取引する個人投資家の大口注文であれば、欧米各国が休みの間も注文を受け付けている会社もあるそうです。そのような取引も窓が開く原因となります。

平日通常時と比較すれば少額ですが、私たちが取引できない時間にも取引が行われていて、値動きがあるということです。

その他にも窓が開く理由として、重大ニュース、要人の発言、週末に起きた天災などがあげられます。

土日の間に大口の注文が入ったり、大きなニュースがあったりなどした場合、窓が開く原因となります。このようにして、私たちが取引できない時間帯にトーレードしている一部のトレーダーによって、月曜日の朝に窓が開き「窓埋め」ができると考えられています。

 

テクニカル的に見れば、窓ができたときには、実際にはローソク足には反映されていないのだが、「大陽線のヒゲ」、あるいは、「大陰線のヒゲ」ができたと考えた方が分かりやすいと思う。

月曜日の窓ができているときは、チャートを実際に見て相場の動きを観察し、シナリオを立てる方がトレーダーとしての成長は早い気がする。

ちなみに、窓埋めのことを、相場参加者の一部からは当て字で「窓梅」と呼ぶ人もいる。

 

それでは、直近月曜日の「窓」はどうだったのか、実際に見てみよう。

 

月曜日ポンド円相場チャート

2020年1月27日(月曜日)表示時間は日本時間

11:00頃のポンド円4時間足チャート

月曜相場の狙い目「窓埋め」トレードの注意点 FXトレード講座

 

11:00頃のポンド円1時間足チャート

月曜相場の狙い目「窓埋め」トレードの注意点 FXトレード講座

 

開いた窓がヒゲで埋まっているのが分かると思います。

上の写真は、一番右のローソクが陽線を作っていますが、日足や週足を見ると面白いです。

 

(↓画像は2020年1月28日火曜日に撮影)

 

週足は200MA(黄色い線)にぶつかっているので、下落基調強くなりそうにみえます。日足は、上昇基調が一服して下降に転じようとしているように見えます。週足を見ると下降トレンドが始まりそうな感じもしますが、日足の138.930あたりがレジサポぽくなっているので、しばらく急激な下落はないかな?(適当)

 

レジサポとは?→ レジスタンスライン、サポートラインのこと

 

投資は、選べる自由がある。勝っても負けても自分が選んだこと。

自由であるがゆえの厳しさがある。生きるも死ぬも己次第。

野生の世界、サバイバル。

自分の頭で考えて選択することが大切だと思う。

 

→ 野生の世界に旅に出る

 

トレードを続けると、お金の他にも様々なものが得られる。鍛えられると思う。

それは、、話そうと思ったのですが時間がきてしまいました。

続きはまた今度話します。

 

→ 相場で生き残る考え方を学習する

 

●もし、わからない言葉が出てきたら、FX基礎知識のページで探すか、検索窓に言葉を入力して検索してみてください。検索しても解説ページが出てこない場合は、記事下「コメント欄」にてページの追加依頼をしてください。

●FXに関する読者様からの解説希望、ご質問は「コメント欄」をご利用ください。

●当サイトコンテンツで誤字脱字を見かけたら 誤字脱字の指摘フォーム をご利用ください。

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」