相対取引

読み方:あいたいとりひき

英語表記:Over the Counter(OTC)

反対語:委託売買、競争売買

 

相対取引の意味

相対取引(あいたいとりひき)とは、取引所を介さずに当事者間の合意で成立する取引を相対取引といいます。

外国為替市場では、株式市場のように特定の場所で取引が行われているわけではなく、金融機関など当事者同士が売り手と買い手となって、相対(1対1)で交渉し、値段、数量、決済方法などの売買内容を決めます。

 

このように、売り手と買い手が直接取引することを相対取引と呼びます。

 

FX取引もFX業者と顧客の相対取引です。

FX会社が提示するレートに対して、顧客が数量を指定して注文を出すことで取引が成立します。よって、同じ時間にトレードしてもFX会社が異なれば、レートが同じになるとは限らないのです。

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」