一服感

読み方:いっぷくかん

 

一服感の意味

「一服感」とはいわゆる相場用語で、上昇や下落が一段落して売買が落ち着いてきた状態のときに、「一服感が出た」というような表現をします。

永遠に続くトレンドはありません。どこかで一服感が出て調整が入るというのは相場の特徴です。相場の反転を狙う場合には、まずは一服感が出てくるのを待ってからエントリーポイントを探しても遅くありません。一服感が出る前に相場に入ると、激しい変動リスクに直面する可能性が高まります。

 

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」