新興国通貨

読み方:しんこうこくつうか

別名:エマージング通貨(えまーじんぐつうか)

 

新興国通貨(エマージング通貨)の意味

南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソなどの新興国の通貨が新興国通貨に分と呼ばれています。

新興国であるがゆえ、政治や経済が不安定な面があるものの、政策金利が高めに設定されているため、世界景気が上向いている局面では買われやすい傾向があります。逆に景気が後退する客面では売られやすくなります。

中国は先進国に分類されつつありますが、通貨である人民元は規制が多く、自由に取引することができないほか、為替レートも当局に管理されており、先進国主要通貨としては力量不足な面があるため、一般的には新興国通貨に分類されています。

 

新興国通貨の魅力メリット

新興国はインフレ率が高い傾向があり、政策金利が先進国と比較すると高く設定されています。この高金利が新興国通貨の魅力の一つです。

ただし、新興国では政局不安や地政学リスクなど神経質な問題も多く不安定な値動きとなる場合があるのでリスクを考慮理解しておく必要があります。

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」