ダウ理論

英語表記:Dow Theory

読み方:だうりろん

 

ダウ理論とは

ダウ理論とは米国の株式ジャーナリストであったチャールズ・ダウにより提唱されたチャート分析理論です。

ダウ理論は次の6つの法則から構成されています。

 

 

ダウ理論の6つの法則

①平均は全ての事象を織り込む

②トレンドには3種類ある

③主要トレンドは3段階からなる

④トレンドは相互に確認されなければならない

⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない

⑥トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

 

 

FXで活用するダウ理論

④と⑤は株式市場に関するもので為替相場の分析を行う上ではあまり参考になりませんが、①、②、③、⑥は十分に応用が可能な理論です。

 

①はテクニカル分析の前提となっており、価格はあらゆる事象を反映しているというものです。

②はトレンドには短期、中期、長期のものがあるというものです。

③はトレンドの段階を示す上で最初に動き出す先行的な動きとなる段階、他の追随者が後から追っていく段階、初期にポジションを構築した人が利益確定を始めトレンドが弱まっていく最終段階の3段階に分類できるというものです。

 

⑥は高値、安値の更新に失敗し、価格が反転するまではトレンドが続くというものです。言い換えれば、明確な転換シグナルが発生したら、トレンドが転換しているため、古いトレンドを追うことは危険ということです。

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」