通貨ペア

読み方:つうかぺあ

英語表記:currency pair

 

FXで使われる「通貨ペア」の意味

FX取引は通貨を交換する取引です。

通貨の交換をするため、必ず2つの通貨が存在します。この2つの通貨の組み合わせのことを通貨ペアと呼びます。

FXではドルと円の取引以外にも、ドルとユーロ、ユーロと円、オーストラリアドル(豪ドル)と円など、様々な組み合わせの取引ができます。

 

FX通貨ペアの表示方法

外国為替市場では、通貨をアルファベット3文字のコードで表示します。通貨ペアを表示する際には、3文字ずつの3文字ずつのペアで表記され、計6文字で表示されます。

→ FXの通貨ペアの種類と通貨コードの読み方【早見表】

 

例えば、ドルと円の取引であれば、USDJPYと表示し、ドル円と呼びます。(通貨の間に/を入れて表示する場合もあります。例:USD/JPY)

 

FX通貨ペアの読み方

通貨ペアの読み方は、左側の通貨の名前に続けて右側の通貨の名前を言います。しかし、稀に豪ドル米ドルを「オージー」というように特殊な呼び方がある通貨ペアもあります。

左側の通貨1単位に対し、右側の通貨が何単位になるかが、その通貨ペアの価格になります。

 

通貨ペアの取引量の特徴

通貨ペアごとの取引の割合は、ユーロドル、ドル円、ポンドドル、豪ドル米ドル、ドルカナダの順で多く、この5つの通貨ペアだけで全体の6割を占めていると言われています。

 

通貨ペアの表示例一覧表

→ FXの通貨ペアの種類と通貨コードの読み方【早見表】

通貨ペアの表示

読み方

USDJPY

ドル円

EURJPY

ユーロ円

EURUSD

ユーロドル

GBPUSD

ポンドドル(ケーブル)

GBPJPY

ポンド円

AUDJPY

豪ドル円

AUDUSD

豪ドル米ドル(オージー)

NZDUSD

NZドル米ドル(キウイ)

 

 

通貨ペア別の世界の取引量の割合一覧表

EURUSD(ユーロドル)

23.1%

USDJPY(ドル円)

17.8%

GBPUSD(ポンドドル)

9.3%

AUDUSD(豪ドル米ドル)

5.2%

USDCAD(ドルカナダ)

4.3%

USDCNY(ドル人民元)

3.8%

USDCHF(ドルスイス)

3.6%

EURGBP(ユーロポンド)

2.0%

USDMXN(ドルメキシコペソ)

1.8%

USDSGD(ドルシンガポールドル)

1.6%

EURJPY(ユーロ円)

1.6%

 

OANDAより参照

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」