FXで取引をおこなう外国為替市場では、通貨をアルファベット3文字で表示します。

例えば、日本円であれば「JPY」、米ドルであれば「USD」と表示します。

主に取引する通貨ペアから、1つずつ覚えていきましょう。

 

全ての通貨と通貨コードを学ぶ

 

通貨の表示例

通貨

表示

米ドル

USD

ユーロ

EUR

JPY

ポンド

GBP

豪ドル(オーストラリアドル)

AUD

カナダドル

CAD

スイスフラン

CHF

NZドル(ニュージーランドドル)

NZD

南アフリカランド

ZAR

トルコリラ

TRY

中国人民元(オフショア)

CNH

 

 

全ての通貨と通貨コードを学ぶ

 

 

USDの特徴

「USD」は米国ドルです。

経済力、軍事力ともに世界最大の米国の通貨で、基軸通貨として世界中の取引で使用されている通貨です。世界中の機関投資家、一般投資家が扱うので、取引量は他の通貨に比べて圧倒的に多い通貨です。

 

EURの特徴

「EUR」はユーロです。

ユーロ圏で使用される通貨でドルに続いて、世界で2番目の取引量の通貨となります。2017年9月現在でドイツやフランスを含む19カ国がユーロを通貨として採用しています。

 

JPYの特徴

「JPY」は日本の通貨、円です。

取引量はドル、ユーロに続いて世界で3番目に多いです。そしてJPYは、アジアの代表通貨となっています。理由として、日本の金融システムが安定していること、日本が低インフレであること、経常黒字であることなど。市場のリスク回避色が強まった際に、取引されやすい傾向があります。

 

GBPの特徴

「GBP」は英国のポンドです。

米ドルが基軸通貨となる前は、GBPが基軸通貨でした。現在でも世界で4番目に多く取引されています。英国は欧州の国ですが、ユーロには加盟せずに独自の通貨を使用しています。また、英国はEUに加盟していましたが、EUから離脱することが決定しています。かつてGBPとUSDの取引を、大西洋の底に引いたケーブルを使用した通信で行っていたことから、GBPUSDの通貨ペアを「ケーブル」と呼ぶことがあります。

 

AUDの特徴

「AUD」はオーストラリア(豪)ドルです。

日本では「オーストラリアドル」という言葉が長いため「豪ドル(ごうどる)」と呼ばれています。外国人にとってもオーストラリアドルという単語は長く、しかも米ドルと紛らわしいため、外国為替市場ではAUDUSDの通貨ペアを「オージー」といいます。日本人トレーダーの中にも豪ドルをオージーと呼ぶ人も多いくらいです。オーストラリアの主な輸出品が鉄鉱石や石炭ですので、資源価格との相関性が高く、資源国通貨に分類されています。

 

CADの特徴

「CAD」はカナダドルです。

カナダの主な輸出品は原油ですので、カナダドルは原油価格の影響を強く受ける通貨の一つであり、資源国通貨に分類されます。その他にも、カナダ銀行の政策金利と米国の政策金利の差が注目されることもあります。

 

CHFの特徴

「CHF」はスイスフランです。

スイスは永世中立国としての性質や金融システムが安定していること、低インフレ、経常黒字と安全通貨の要件を揃えているため、円と同様に市場リスクが高まった際にスイスフランに資金が集中する傾向があります。普段は周囲をユーロ県に囲まれているということもあり、ユーロとの相関関係が高い通貨です。

現在でも対ユーロの関係でスイスフラン高に成るとSNBは介入を行うことが少なくありません。世界の通貨の取引量を見ると、ドル、円、ポンドで4分の3が占められ、豪ドル、カナダドル、スイスフランを加えると85%の取引量となります。その他の通貨の量はこれらに比べると少ないと言えます。

また、取引量の少ない通貨(流動性の少ない通貨)は値動きが荒くなる傾向があります。日本でも人気のニュージーランドドルや南アフリカランドやトルコリラなどは取引量が少ない通貨ペアであるため、値動きが荒いことで知られています。

 

NZDの特徴

「NZD」はニュージーランドドルです。

ニュージーランドドルも名前が長いため、「キウイ」と呼ばれます。キウイの由来は国鳥である「キウイ・バード」からきています。果物のキウイではありません。ニュージーランドの主な輸出品は乳製品なので、ニュージーランドドルは乳製品価格の影響を強く受けます。豪ドルなどと同じく資源国通貨に分類されますが、鉱山資源ではなく乳製品の価格との相関性が強いと言われています。

 

ZARの特徴

「ZAR」は南アフリカランドです。

南アフリカの主な輸出品が、金、プラチナ、パラジウムなどの鉱山資源ですので、資源価格の影響を受ける通貨の一つです。南アフリカランドは高金利通貨の一つとして日本では人気の通貨ですが、南アフリカは新興国のため、政局不安や金鉱山の枯渇化、電力不足などの問題も多く抱えています。取引時にはリスクも認識しておく必要があります。

 

TRYの意味

「TRY」はトルコリラです。

南アフリカランドと並んで、高金利通貨として人気の高い通貨です。世界地図を見てみるとヨーロッパと中東の間に挟まれており、トルコの経済は欧州経済の影響を強く受ける傾向があります。トルコも南アフリカ同様に新興国であり、政局不安、地政学リスクなどを抱えています。トルコリラは先進国通貨に比べると為替変動リスクが高い通貨であると言われています。

 

CNHの特徴

「CNH」は中国の人民元です。

人民元は他の主要通貨のような完全な変動相場制ではなく、通貨バスケット制を採用しています。主要通貨のレートを元に算出されたレートに対して、値動きを一定幅に制限するという特殊な通貨です。

人民元相場は中国国内(オンショア)で取引される「CZY」と香港などの中国本土外(オフショア)で取引される「CNH」の2つがあります。

オンショアのCNYは1日の値幅の制限があるなど、多くの規制があるためFXではオフショアのCNHで取引されるのが一般的です。2つの通貨の値動きは近いものとなりますが制限の多いCNYに対し、自由に取引できるCNHの方が市場の意向が反映されやすいと言われています。

 

MXNの特徴

「MXN」はメキシコペソです。

メキシコは銀の生産量が世界一です。他にも原油の生産も盛んで、資源価格の影響を受けやすい通貨です。トルコなどと同様に新興国であるため、政策金利も高いのですが、政局不安や経済基盤の弱さ、最近では米国との関係悪化など不安材料も多く、高金利である半面、リスクも認識しておく必要があります。

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」