通貨バケット制

読み方:つうかばけっとせい

 

通貨バケット制の意味

通貨バスケット制とは、固定相場制を導入している国のレートを決める際に、複数の通貨を一定の割合で組み合わせたものに連動させる方法を用いることをいいます。

通貨の構成は自国の貿易比率などを基準に決定します。シンガポールやマレーシアなどがこの通貨バスケット制を採用しています。

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」