ボリンジャーバンド

英語表記:Bollinger Bands

読み方:ぼりんじゃーばんど

 

ボリンジャーバンドとは

「ボリンジャーバンド」という名前は開発者のジョン・ボリンジャーの名前からきています。チャート上の移動平均線に対し、標準偏差に基づいた数値のラインを移動平均線の上下に加えて引き相場の状態を確認するテクニカル指標です。

 

統計学上では、標準偏差をプラスマイナス1αの範囲内の値動きに収まる確率が68%、プラスマイナス2αの範囲内に収まる確率が95%、プラスマイナス2αの範囲内に収まる確率が99%となり、過去の値動きからどの程度まで動く可能性があるかを示した指標です。

プラスマイナス2αやプラスマイナス3αで価格が収まる可能性が高いため、利益確定や損切りの水準を考えるときに使えるほか、その水準で反対のポジションを持つ逆張りに使われることもあります。ただし、トレンドが発生するような局面ではそれらのラインに沿って価格が動くということもあるので、逆張りをする際は注意が必要です。

 

ボリンジャーバンドはバンドの収縮、拡散に注目するとトレードのタイミングを掴みやすくなります。バンドの幅が収縮するような動きが続いた場合はバイバイが交錯し、力を溜めているような状況で、その後値動きがどちらかに大きく動く可能性が高まっているといえます。よって、収縮から拡散に向かうところを狙います。

また、ボリンジャーバンドの向きもチェックすべきです。トレンドが発生するような局面では全てのバンドの向きが同じ方向を向くのに対し、方向感がない動きとなっている場合はバンドの向きが横向き、または向きが不揃いの状態になります。

ボリンジャーバンドの設定項目は、中心となる移動平均線の期間の設定、上下に引くバンドの標準偏差の値です。

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」