損小利大

読み方:そんしょうりだい

英語表記:Big profit Small loss

 

損大利小の意味

初心者の方に多いのが、利益が乗ったらすぐに利益を確定してしまうというパターンがあります。割合で言うと、一回のリスクを10取るのに対して、2から3で利益を確定してしまうというものです。このように一回のトレードの利益が小さく、一回の損失が大きいことを損大利小(そんだいりしょう)と言います。

この方法の場合、単純にストップ注文に対し、利益確定までの距離が近いので必然的に勝率が高くなります。連勝するとどんどん自信をつけることができます。しかし、1回負けてしまうと3回分以上の勝ち分がなくなってしまうことになります。連敗すると負け分を取り戻すためには6回以上勝たなくてはなりません。その6回のうち1回でも負けるとさらに取り返すまでのノルマが増えることになります。そうなってくると人間焦りが生じ、チャンスでもないところでエントリーしたり取引量を増やして一回で取り戻そうとしたり、ペースを乱すことになります。

つまり、相当高い勝率がない限り、計画の段階でこの戦略は資金管理面から破綻していると言えます。安定した収益を狙うのであれば、1回のリスクに対して利益はできるだけ大きく取れるれる場面を狙うことも重要になります。リスクリワードの考え方が役に立ちます。

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」