嫌気

読み方:いやき、いやけ

英語表記:Bearish sentiment、 Due to bad news

 

嫌気(いやき、いやけ)の意味

嫌気とは、相場で悪材料が出てきて売りが強まるような場面で使われる言葉です。「株式市場の下落基調が続いたことが嫌気され、ドル円に売りが入った」というように使われます。

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」