自由でクリエイティブな暮らしを応援!
Search

FX3種類のトレードスタイル

もくじ

FX取引のパターン3種類

FXの取引にはポジション保有時間によって変わる3種類の取引方法

FXでは、ポジションを持っている時間で取引の呼び名が変わります。

大きく分けて取引にはスキャルピング、デイトレード、スイングトレードの3種類があります。

参考記事→ https://evahks.com/blog-written-for-fx-inexperienced-beginners/

 

スキャルピング

ポジションを持つ時間が短いため、急な値動きに巻き込まれるリスクが少ない反面、素早い操作が求められます。また、取引回数が多いため、スプレッド負担が大きいです。

保有時間数秒〜数十分
主な時間足1分足・5分足・15分足
メリット一瞬で取引が終わる
デメリット手数料をたくさん払う

 

デイトレード

日付が変わる前にポジションを決済する、バランスが良いスタイルといえます。1時間足や日足で流れを探り、5分足などで新規のタイミングをはかることが多いです。

保有時間数時間〜1日
主な時間足5分足・1時間足・日足
メリット取引は1日で完結
デメリット爆発的には稼げない

 

スイングトレード

数週間から数ヶ月間ポジションを持ち続けるスタイルです。大きな値幅を獲得できるチャンスがあります。また分析にたっぷり時間を使えるのもメリットです。

保有時間数日〜数ヶ月
主な時間足4時間足・日足・週足
メリット大きな利益を狙える
デメリットある程度の資金が必要

 

pips(ピップス、ピプス)とは?

値動きの最小単位を、通貨を問わず共通してpips(ピップス、もしくはピプス)と表現します。クロス円(円が絡む通貨ペア)では、1pipsが1銭になります。

補足:価格を0.1pips単位、0.01pips単位で表すFX会社もあります。

 

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」

EVAHKS

運営:嶋耕作(しまこうさく)『相場の熊さん』の愛称で親しまれているFX裁量トレーダー、ライター。自然が好きで日本国内に山所有。ひいお爺様は外交官。20代前半に教育関連事業にて年商3億円達成。その後、肺炎で臨死体験。世界人口4%の性格タイプを持つ。自由と安定。混乱と静寂。異なる性質のふたつを併せ持っている。趣味は読書、映画、アニメ、PUPG、人狼ジャッジメント、バスケ、音楽。好きな場所は、海、森、温泉、猫の肉球。漫画の島耕作はサラリーマンですが、サラリーマンはこの世で一番やりたくない仕事です。

5 Comments
  1. […] FX3種類のトレードスタイル […]

  2. […] → FX3種類のトレードスタイル […]

  3. […] → FX3種類のトレードスタイル […]

  4. […] → FX3種類のトレードスタイル […]

  5. […] → FX3種類のトレードスタイル […]

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください