FXトレード記録2018年12月まとめ二万語ぶん!

FXのトレード2018年の記録(一部)をまとめてみたら多すぎた。

これから紹介する記録は、私の2018年FXトレード記録を他サイトなどに書いていたものをまとめたものです。順不同で2018年のトレードの一部を載せています。多すぎて雑な感じになってますがあしからず。また機会があったら全部まとめてみんなに見てもらえる感じにしたいです。とりあえず、前サイトに書いていたトレード記録的なものは8割くらい移動できたと思います。FX初心者の方で、もしトレード記録の付け方はわからない方がいたらテンプレートをお配りしようかと思っていますがどうでしょうか。欲しい方はコメント欄に「トレード記録テンプレート求む!」と書いてください。順番にお配りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、Instagramにもアップしましたが、2018年12月5日(水曜日)今日の利益は36,436円でした。

利益の取りこぼしがいくつかありましたが、20万円はいけましたね。

今日の相場はまだ取れそうですが、クタクタなのでもう寝るところです。

ベッドにごろんとうつ伏せになりながらパソコンでこの記事を書いています。

今日はポンド円(GBPJPY)と、ユーロドル(EURUSD)を中心にトレードしました。

 

 

ポンド円は午前中、乱高下があったものの、15:00頃から上昇トレンドに入り17:00にピューっと上昇。そこで利食い(イグジット)しました。

今回はポンド円のスマホトレードで、どうして上がっていったのか?そのポイントを簡単に解説していきます。チャートの見方がわかってくると、相場の動きを捉える事ができるようになります。

 

それでは、さっそくいってみましょう。

 

 

 

 

FXスマホトレード解説

まず、15分足を見ていくと、下の水色の線のあたりにサポートラインが引けます。

上の水色の線はレジスタンスラインです。

スマホでトレードする場合は、このようにあらかじめ、サポートライン、レジスタンスラインを引いておく事をおすすめします。

 

 

 

サポートライン、レジスタンスラインなどの基本はこちらの記事で確認できます。

→ FX初心者のために書いたブログ

水平線と合わせて「抵抗」についての記事も合わせて読むことで、理解が深まります。検索を使って記事を探してみてください。

 

 

 

 

スマホ版MT4/MT5アプリで水平線を引く方法

スマホ版のMT4アプリで線を引く方法ですが、画面に「トレード」と書いてある左側のマーク(□◯△)をタップすると、線がありますので、線を選んで、引きたい場所にタップすればOKです。

 

 

 

次に、1分足を見ていくと、綺麗なダブルボトムができているのがわかります。

さらにサポートラインで支えられているので、上昇が濃厚というわけです。

また、エントリーする際には、1分足の動きに注目してください。

チャートを見続けていると、上がりそうな瞬間(もしくは下がりそうな瞬間)の動きがわかるようになってきます。1分の鼓動でどんな動きをするのかなんとなくわかるようになってきます。あとはタイミングを合わせてエントリーすればOK。

 

 

 

 

 

 

4時間足と日足を見ると、ピューっと上がった後も、さらに上がりそうな感じですね。

上がったあとは、パソコンかスマホ版MT5の方はトレイリングストップを設定するか、マイナスにならないように、Askラインの上にイグジットラインを入れておきましょう。

これで下がってきてもマイナスになることはなくなり、利益を伸ばしていけます。

また、ポンド円をロングで持って日をまたぐとマイナスのスワップポイントがつきますので、その日じゅうに利益を確定しておきたい方は日本時間の7:00までには利食いするようにしておきましょう。

 

それでは、FXの基本をこれからも一緒に学んでいきましょう!

 

 

 

 

ダブルボトムに関するチャート解説関連記事2018年12月前半まとめ

→ ダブルボトム

→ ダブルボトム・ダブルトップとは

 

 

 

 

わかりやすい相場FXスマホトレード解説ポンド円(GBPJPY)20181206

 

今日のFX結果

2018年12月6日木曜日のFX結果は18,243円の利益でした。

 

 
 
 
 
 
View