鰤のあら汁の作り方【美容と健康のアンチエイジング】稼ぎメシ

鰤のあら汁の作り方【美容と健康のアンチエイジング】

稼ぎ続けるために心と体を健やかに保つ美味いメシを紹介する【稼ぎメシ】のコーナーです。今回ご紹介するのは、ヘルシーで美味しい若返りのオススメごはん「鰤(ブリ)のあら汁」!

 

 

これは、実家でも作ってあげたことがあるのですが「美味い!美味い!」と感動して一瞬で鍋がからっぽになるほど美味しい私の自慢の一品です。

鰤のダシがよく出て、赤味噌とよく合います。

 

 

 

FXと料理

これから、鰤のあら汁を作っていくわけですが、その前に、鰤(ブリ)って一体なんのか?一緒に見ていきましょう。自分の体を作る食べ物です。それらを食べることで自分にどのような変化を及ぼすのか知っておくことは大切だと私は考えます。

FXでも、なぜエントリーするのか?なぜそこは損切りなのか?など、常に変化する相場の中で、トレードしていきます。そんな時、自分のトレードスタイルや感情・性格の癖を知っているのと知らないのとでは、トレード結果も大きく変わってくるのです。

 

ですので、相場(鰤)が自分に与える影響を知り、自分に良い影響を与えるレバレッジを最大限活かすことが私の料理の目的でもあります。当然、美味しくいただくことはもちろんのこと、素材の良さを最大限活かす。これが達成された時、トレードスキルの向上に繋がると私自身感じています。

 

 

 

舌を唸らせる鰤の歴史

マグロと並ぶ、赤身魚を代表する魚「ブリ」。

脂がたっぷり乗っていることから、マグロより好きな人も多いのでは。

あなたはどうですか?

鰤の旬は12月〜1月といわれています。

寒ブリとも言われていて、通常は18%弱の脂肪分ですが、旬の時期はなんと!25%と脂の乗りが良く、身の締まりも良いです。日本酒にも良く合います。

 

そんな鰤ですが、江戸時代からその美味さは認められていたそうです。

慶安元年(1648年)の丹波福知山の藩主であった稲葉紀通が、「たらふく寒ブリを食べたい」と、隣国の丹後宮津藩主“京極高広”に使いを出したそうな。

 

手紙には、「100匹の寒ブリを所望する」と記されていたが、京極は「寒ブリを幕府への賄賂とするのでは?」と疑い、頭を切り落とした寒ブリを送ってしまいます。

 

 

届いた箱を開けた稲葉は驚きました。

最も美味いとされる寒ブリの頭がない。

食べ物の恨みは怖いというが、果たして美味いブリを食べられず怒ったかどうかは不明である。が、「首をはねたものを送るとは、何たる侮辱」と激怒し、丹後宮津藩と一悶着。

 

最終的には、幕府からの陳情を無視した稲葉が、場内に立て篭もり、火縄銃で自害した。

 

かつて日本で寒ブリをめぐる、このような騒動があったのである。

平和な日本で鰤を食せる今の時代に感謝したい。

 

 

 

鰤の名前の由来

由来はいくつかありますが、「あぶら」が「ぶり」となった説があります。

本草学者である『貝原益軒』が元禄12年(1699年)に書いた『日本釈名』という江戸時代の語源辞典に、脂多き魚なり、脂の上を略するとブリの由来を記しています。

また、漢字の「鰤」は、ブリが師走に最も美味しくなるから、という意味で魚偏に師の字が当てられています。

 

 

 

鰤の天然と養殖のちがい

鰤は、養殖魚の出荷率が一番です。

天然の鰤と養殖の鰤とでは、色が違います。

天然鰤は赤褐色ですが、養殖鰤は白色が目立つそうです。

つまり、養殖の方が脂が多いのです。

 

 

 

鰤は成長とともに呼び名が変わる

鰤は成長するごとに呼び名が変わります。

これを出生魚(しゅっせいうお)と言います。

関東では、ワカシ(15cm〜20cm)→イナダ(30cm〜40cm)→ワラサ(60cm)→ブリ(60cm以上)となります。…

おろし飯の作り方【稼ぎメシ】美容と健康のアンチエイジング

おろし飯の作り方【美容と健康のアンチエイジング】

稼ぎ続けるために心と体を健やかに保つ美味いメシを紹介する【稼ぎメシ】のコーナーです。

今回ご紹介するのは、ヘルシーで美味しい若返りのオススメごはん「おろし飯」!大根はデトックスや美肌効果もあるので美容効果の高い食材といえそうです。

 

 

ちなみに「なんだかシャビシャビじゃない?」と言われたこの写真ですが、本当に美味しいです。これはまぎれもない事実。大根おろしを久しく食べていない人はぜひ試してみてください。私も久しぶりに自宅で食べた大根おろしの美味さに感動して今回【稼ぎメシ】コーナーの第一発目にご紹介することにしました。

 

 

FXと料理

これから、おろし飯を作っていくわけですが、その前に、大根って一体なんのか?一緒に見ていきましょう。自分の体を作る食べ物です。それらを食べることで自分にどのような変化を及ぼすのか知っておくことは大切だと私は考えます。

 

FXでも、なぜエントリーするのか?なぜそこは損切りなのか?など、常に変化する相場の中で、トレードしていきます。そんな時、自分のトレードスタイルや感情・性格の癖を知っているのと知らないのとでは、トレード結果も大きく変わってくるのです。

 

ですので、相場(大根)が自分に与える影響を知り、自分に良い影響を与えるレバレッジを最大限活かすことが私の料理の目的でもあります。当然、美味しくいただくことはもちろんのこと、素材の良さを最大限活かす。これが達成された時、トレードスキルの向上に繋がると私自身感じています。

 

 

大根の歴史

大根は、根っこの部分を食べることがほとんどだと思いますが、葉っぱも栄養満点です。捨てるところが一切ありません。

ニンニクや玉ねぎと並び、古くから人間との関わりが深い野菜です。

その歴史は、今から5000年以上前のエジプトまで遡ります。

エジプトのピラミッド建設で働く労働者に配られていたという記録や、ピラミッドの壁画にも描かれていることから昔から食されていたことがわかります。

現在は、食用として馴染みがある大根ですが、昔のヨーロッパでは貴重な薬として栽培されていたそうです。

 

 

大根の驚くべき美容効果

おろし飯の作り方【稼ぎメシ】美容と健康のアンチエイジング

人間は、呼吸によって酸素を取り込んで生きています。

そのうちの2%が活性酸素になるといわれています。

大根に含まれている、イソチオシアネートが活性酸素を体外に除去する作用があるので、デトックスだけでなく美容効果もあり綺麗な肌を保ちます。

※大根の酵素は熱に弱いため大根は生のまま食べることをオススメします。

 

 

大根は栄養満点!

大根は土の中で成長する根菜類に分類されます。

 

 

根の部分

根の部分の90%以上は水分でできていて、デンプンを分解するジアスターゼ(アミラーゼ)やタンパク質を分解する「プロテアーゼ」などの消化酵素、ビタミンCなどが含まれます。また、焼き魚の焦げに含まれるといわれる発ガン性物質を分解する「オキシターゼ」、ガン細胞を抑制する「リグニン」などもたっぷり詰まっています。

 

 

ジアスターゼの効果・特徴

食べたものを分解する働きがあり、整腸作用、消化促進効果があり、二日酔いにも効果があると言われています。ただし、ジアスターゼは加熱に弱く、空気に触れると失われてしまうため、大根おろしなどにして食べるのが効果的です。

 

 

葉の部分

大根の葉には、カロテン、ビタミンA、鉄分などのほかにも多くのビタミンCが含まれています。「五訂日本食品標準成分表」によると、ダイコンの葉(生)100g中のビタミンC含有量は53mg(レモン100gで100mg)。また、貧血予防に効果のある鉄分、骨のもとであるカルシウムなど、根の部分には含まれていない栄養素も補えます。

 

 

 

大根の食べ方

大根は、葉の部分から遠く離れるほど辛みが増します。つまり、根っこに近づくほど辛くなります。その特徴を活かして、大根1本で様々な味を楽しめます。

 

 

大根の葉を使った料理

野菜炒め、漬物、サラダ

 

 

大根の葉っぱに近い頭部分を使った料理

水気を多く含むため、生で食べるのが良いです

大根おろし、大根サラダ

 

 

大根の根っこの真ん中を使った料理

一番甘みがあります

ふろふき大根、おでん、煮物、鍋

 

 

大根の根っこのお尻を使った料理

辛みが強く繊維が多く含まれます

天ぷら、漬物

ちなみに私は大根の辛さが大好きなので、この部分を好んで大根おろしにします。…

Translate »