前日産自動車会長のカルロス・ゴーン氏(65才)が話題になっています。

とくに日本脱出劇では映画さながら。思わずクスリと笑ってしまった。

そんなカルロス・ゴーン氏の顔を見たとき、私はあることに気がついた。

 

ミスター・ビーンと顔が似ている!

本人に話したら怒られそうだが、そう思ってしまったのだから仕方がない。

しかも、顔だけではなく、彼ら2人の名前にも不思議な共通点があった。まさに、セレンディピティ。

 

 

英語の勉強にもなるという…

ビーン has been to レバノン(ビーンはレバノンに行ったことがある)

ゴーン has gone to レバノン(ゴーンはレバノンに行って帰ってこない)

英語を学ぶ学生諸君はこれで暗記もバッチリだね。

 

 

カルロス・ゴーンの脱出劇が世界中で話題に!

また、彼が日本を脱出した方法として、楽器箱が使用されたと言われている。

関西空港でプライベートジェット機に乗り込む際に大型の楽器箱に身を潜めることで、X線検査機内に入らず、チェックを逃れたとされている。

 

11日夜、ヤマハミュージックジャパンが取り扱う管楽器の話題を中心に情報発信するヤマハ・ウインドストリームがツイッターで発信した注意喚起が一気に拡散された。

 

内容は、「理由については触れませんが、大型の楽器ケースに人が入ることに関することをネタにしたツイートが多く散見されるようになってきました。不幸な事故が起きてからでは遅いですので、皆さんの周りでは実際にそのようなことをしない、させないように皆さんで注意し合ってください」というものだ。

 

しかし、この脱出方法は世界中で話題になり、ミスター・ゴーン氏を題材にしたネットゲームでは楽器ばこに隠され、警察や検察の目を逃れる内容で、ネタにもされているそうな。

 

ただ、楽器を取り扱うヤマハとしては楽器箱に閉じ込められたり、窒息する可能性のある間違った使い方をしないでほしいと思うのが当然。

ミスター・ゴーンは元特殊工作員の協力者の力を借りて、呼吸ができるような細工を施したとされている。脱出する必要のない人は真似しない方が賢明だ。

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」