「水」とある。

水は触れられるものでありながら
様々に姿形を変化させます。

●水蒸気(気体)

目に見えないが雲や虹が発生すると
そこに水があることに気づけます。

●水(液体)

流動的で
それそのものでは形をとどめない。
水は器に入れることで持ち運び可能。
熱を帯びればお湯になり、
さらに帯びると蒸発し気体となります。
冷を帯びれば氷になります。

●氷(個体)

冷たい塊(かたまり)
しっかりとした形状を確認できます。
熱を帯びると水になります。

水は変化する

 

水は、その時々でさまざまに変化します。

 

人間の肉体も水を多く含んでおりますし、
地球上にも多くの水が存在しています。

 

美しい水になろう。
1滴でいい。

 

1滴の美しい水ができたら
次は2滴の水へ
それが出来たら3滴へ

 

美しい水になろう。

 

繰り返すうちに
いつか大きな海になる。

 

必要な時に
必要な場所で
必要なことをすればいい。

 

美しい水になろう。

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」