自由でクリエイティブな暮らしを応援!
Search

四本値(よんほんね)

四本値、4本値

【読み方:よんほんね 英語名:4value】

四本値とは、マーケットにおいて、ある期間(時間)を区切って相場の値動きを示す時に、始値高値安値終値の4つの値段のことをいいます。

ローソク足チャートの1つの足が示す機関の最初の価格を「始値」、最後の価格を「終値」、一番高い価格を「高値」、一番低い価格を「安値」と呼びます。

 

ローソク足FX基礎用語解説図解

 

また、四本値(4つの値段)のデータを基に、それを一つにまとめてグラフ化(チャート化)した代表的なものが「ローソク足」で、一分なら分足、一時間なら時間足、一日なら日足、一週間なら週足、一月なら月足、一年なら年足となります。

 

なお、テクニカル分析において、日本では、4本値(始値、高値、安値、終値)の「ローソク足」がよく利用されていますが、欧米では、3本値(終値、高値、安値)の「バーチャート」の方がよく利用されています。

 

実際の取引の注意事項

一般に四本値は、外国為替(FX)や株式、商品先物、仮想通貨、株価指数先物・オプション、CFDなどの相場の値動きを示す時に使われていますが、実際の取引で利用する際に注意が必要です。

 

それぞれ、取引の時間帯が商品やマーケットによって異なるため、特に平日(営業日)であれば、24時間取引のできる外国為替証拠金取引(FX)やCFD取引などは、一日の区切りの時間帯が日本時間(0時~24時)とは異なるので注意が必要です(海外市場の開始と終了を基準に区切っています)。

 

【補足】

始値:その日の最初に取引された値段
高値:その日の取引された中で最も高い値段
安値:その日の取引された中で最も低い値段
終値:その日の最後に取引された値段

※日足の場合です。

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」

EVAHKS

運営:嶋耕作(しまこうさく)『相場の熊さん』の愛称で親しまれているFX裁量トレーダー、ライター。自然が好きで日本国内に山所有。ひいお爺様は外交官。20代前半に教育関連事業にて年商3億円達成。その後、肺炎で臨死体験。世界人口4%の性格タイプを持つ。自由と安定。混乱と静寂。異なる性質のふたつを併せ持っている。趣味は読書、映画、アニメ、PUPG、人狼ジャッジメント、バスケ、音楽。好きな場所は、海、森、温泉、猫の肉球。漫画の島耕作はサラリーマンですが、サラリーマンはこの世で一番やりたくない仕事です。

7 Comments
  1. […] こちらの記事は移動しました。詳しい内容についてはこちらをご覧ください→ 四本値の意味 […]

  2. […] これは、四本値の一つです。 […]

  3. […] これは、四本値の一つです。 […]

  4. […] これは、四本値の一つです。 […]

  5. […] これは、四本値の一つです。 […]

  6. 始値(はじめね) – EVAHKS

    2020年1月3日 4:31 PM

    […] これは、四本値の一つです。 […]

  7. 終値(おわりね) – EVAHKS

    2020年1月3日 4:44 PM

    […] これは、四本値の一つです。 […]

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください