写真:NBA Instagram

 

コービー・ブライアントの偉業

コービー・ブライアントKobe Bean Bryant, 1978年8月23日 – 2020年1月26日)は、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手。ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。NBAのロサンゼルス・レイカーズ一筋で活躍した。ポジションはシューティングガード。身長198cm、体重96.2kg。極めて高い確実性から、狙った獲物は99.9%の確率で仕留めると言われている世界で最も危険な猛毒蛇の一種「Black Mamba (ブラックマンバ)」の愛称を持つ。

17歳でNBA入りして以降は20年間にわたって名門ロサンゼルス・レイカーズ一筋でキャリアを過ごし、NBAチャンピオン5回、シーズンMVP1回、ファイナルMVP2回、NBA記録となる18年連続オールスターゲーム選出並びに、歴代最多のオールスターMVP4回に輝くほか、NBA歴代2位の1試合81得点の記録を持つなど、キャリア初期から大ベテランの域に入るまで、長年に渡ってリーグ最高の選手の一人として君臨し続けた、NBAを代表するスーパースター。

現役引退した2016-17シーズン現在、レギュラーシーズン通算33,643得点を挙げNBA歴代第4位。プレーオフ通算5,640得点を挙げNBA歴代第4位。また、オールスターでは通算290得点を挙げNBA歴代第2位に位置している。

Wikipedia コービーブライアント

 

 

彼は2006年にトロント・ラプターズに対して81ポイントを獲得したことで有名で、NBA史上2番目に高いシングルゲームの合計です。

彼はまた、2015年に書いたスポーツへのラブレターに基づいた5分間の映画であるDear Basketballで、2018年に最高の短編アニメーション映画でオスカーを受賞しました。

コービーと妻のヴァネッサには、さらに3人の娘、ナタリア、ビアンカ、カプリがいます。

コービーは、コロラド州のリゾートで働いている19歳の女性によって2003年に性的暴行で告発されました。彼は申し立てを否定し、2人は合意に基づいたセックスをしたと言った。告発者が法廷で証言することを拒否した後、訴訟は取り下げられた。彼は後に謝罪し、その後の民事訴訟は法廷外で和解した。

 

彼の事故について

米国バスケットボールのスーパースター、コービー・ブライアントは、娘のジャンナと他の3人とともに、カリフォルニア州カラバサス市でヘリコプターの墜落事故で亡くなりました。

コービー・ブライアント(41歳)は、民間のヘリコプターで旅行中に墜落したと報告されています。

5回のNBAチャンピオンは、NBAの歴史の中で最も偉大なプレイヤーの1人と広く知られていました。彼の突然の死にセレブや仲間のスポーツ選手からも、驚きと悲しみの声が寄せられています。他の被害者の身元はまだ公開されていません。

 

「航空機は今朝10:00頃、ラスヴィルヘネス沖の遠隔地に落ちました。地上の誰も負傷しませんでした」とのこと。

コービーと彼の娘は名前が付けられていますが、他の3人の犠牲者の身元はまだ公表されていません。近くに住んでいるギャビン・マサックは、ヘリコプターが墜落した瞬間についてCBSニュースに語った。

 

彼を知る友人達の反応

スポーツスターのトリビュートは、ヘリコプター墜落のニュースに続いてソーシャルメディアに注がれました。

1996年から2004年の間にレイカーズでコービーと一緒にプレーしたシャキール・オニールは、「私が経験している痛みを表現する言葉はない」と語った。

「私はあなたを愛していて、あなたは恋しくなります」と彼は、彼らのレイカーズキットのペアの写真と一緒にインスタグラムに書いた。

コービーと一緒にオリンピックで金メダルを獲得したデロン・ウィリアムズは、言葉を失ったと言いました。彼はブライアントを「私がこれまでに立ち向かい、一緒にプレイした中で最大の競争相手だ」と説明しました。

 

元バスケットボール選手のトニー・パーカーは、彼が「心が痛む」と言った。

「恐ろしいニュース」とドナルド・トランプ米国大統領は書いた。

バラク・オバマ前米国大統領は、コービーを「法廷での伝説」と表現し、「第2幕と同じくらい有意義なことを始めたばかりだ」と述べた。

8回のオリンピック金メダリストであるスプリンターウサインボルトは、このニュースを信じられないと言った。

 

 

全豪オープンテニスの男子シングルスでベスト4に入ったノバク・ジョコビッチ選手は、「KB」と刺しゅうされたウエアを着てインタビューを受け、コービーが次女ら8人と共に墜落事故で死亡した知らせに「胸が張り裂けそうだった」と話した。

「彼は史上最高のアスリートの一人で、僕を含めた世界中の多くの人に刺激を与えていた」「幸運にも、10年前から個人的な付き合いがあり、アドバイスやサポートが必要なときは彼がそこにいてくれた」

「僕にとっては師であり友人でもあったから、彼と娘さんの身に起こったことを聞いて、ただ胸が張り裂けそうだった」。そこまで話したジョコビッチは言葉に詰まり、気持ちを落ち着かせなければいけなかった。

ジョコビッチ選手の他にビリー・ジーン・キング(Billie Jean King)氏やマルチナ・ナブラチロワ(Martina Navratilova)氏ら、テニス界からも多くの大選手が哀悼のメッセージを出している。

 

 

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズ(LeBron James)は、Instagramに10枚の画像を投稿した。

「まだ心の準備できていないけど、やってみよう。この投稿のために何かを書こうとする度に、君やGigiのこと、そして僕らの友情を考えては涙が止まらないんだ。日曜の朝、LAに戻るためフィラデルフィアを発つ前に君の声を聞いたばかりで、まさかそれが僕らが交わした最後の会話になるなんて1ミリも考えられなかった。どうなってるんだ!悲しみで打ちのめされているよ!僕は君のレガシーを引き継いでいくことを約束する!君は僕たち特にレイカーズ関係者にとって非常に大きな存在でした。そしてそれを背負っていくのが僕の責任です!どうか天国から僕に力を与えて、見守ってください!言いたいことは他にもたくさんあるけど、まだ耐えられないので今はここまでにしておきます。また会うまで!!」

 
 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I’m Not Ready but here I go. Man I sitting here trying to write something for this post but every time I try I begin crying again just thinking about you, niece Gigi and the friendship/bond/brotherhood we had! I literally just heard your voice Sunday morning before I left Philly to head back to LA. Didn’t think for one bit in a million years that would be the last conversation we’d have. WTF!! I’m heartbroken and devastated my brother!! 😢😢😢😢💔. Man I love you big bro. My heart goes to Vanessa and the kids. I promise you I’ll continue your legacy man! You mean so much to us all here especially #LakerNation💜💛 and it’s my responsibility to put this shit on my back and keep it going!! Please give me the strength from the heavens above and watch over me! I got US here! There’s so much more I want to say but just can’t right now because I can’t get through it! Until we meet again my brother!! #Mamba4Life❤️🙏🏾 #Gigi4Life❤️🙏🏾

LeBron James(@kingjames)がシェアした投稿 –

 

 

マイケルジョーダンは、「神戸と娘のGiannaを襲った悲劇にショックを受けています。私の感じている痛みは言葉では表現できません。Kobeは私にとって弟のような存在で、彼を愛していました。彼は凄まじいまた、彼は家族を深く愛する素晴らしい父親で、娘のバスケへの情熱に誇りを持っていました。(Kobeの妻である)Vannessa、レイカーズ関係者、世界中のバスケットボールファンに心よりお悔やみ申し上げます」といった旨の声明をスポークスマンを通じて発表している。

 

 

 

 

また、オバマ元大統領(Barack Obama)や、カニエ・ウェスト(Kanye West)、レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)らがその後追悼のコメントを残している。

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mamba forever. Our condolences to Kobe and Gianna’s family and everyone involved in today’s tragedy.

nike(@nike)がシェアした投稿 –

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NBA Commissioner Adam Silver issued the following statement today regarding the passing of Kobe Bryant: “The NBA family is devastated by the tragic passing of Kobe Bryant and his daughter, Gianna. “For 20 seasons, Kobe showed us what is possible when remarkable talent blends with an absolute devotion to winning. He was one of the most extraordinary players in the history of our game with accomplishments that are legendary: five NBA championships, an NBA MVP award, 18 NBA All-Star selections, and two Olympic gold medals. But he will be remembered most for inspiring people around the world to pick up a basketball and compete to the very best of their ability. He was generous with the wisdom he acquired and saw it as his mission to share it with future generations of players, taking special delight in passing down his love of the game to Gianna. “We send our heartfelt condolences to his wife, Vanessa, and their family, the Lakers organization and the entire sports world.”

NBA(@nba)がシェアした投稿 –

 

 

 

“コービー”の名前の由来

コービーの名前の由来である「Kobe」とは、日本の神戸からきています。というのも、コービーの父親であるジョー・ブライアント氏がKobe Steak House(神戸ステーキハウス)というアメリカにある鉄板焼きレストランで食べた神戸牛があまりに美味しかったそうで。感動して生まれてくる息子の名前を「Kobe」と命名したのだそうです。

 

マンバメンタリティとは?

それは考え方ではなく、生き方そのもの。一日も欠かすことなく成長のために努力する生き方。やせ我慢したり、虚勢を張ったりしながら生きることでは決してない。マンバメンタリティとは、取り組んでいる物事が何であれ上達のために努力しようとする最もシンプルな姿勢だ」
– コービー・ブライアント

 

「マンバメンタリティとは、答えを見つけ出すための終わりなき冒険。もっと上達したい、もっと知りたいという無限の好奇心。マンバメンタリティとは、結末にこだわらずに、とにかく進み、戦うこと。人から何と言われるか、誰かに失望されるのではないか、そんなことは一切気にせず、その瞬間だけに神経を注ぐ。それが真のマンバメンタリティだ」

 

 

マンバメンタリティの意味

マンバメンタリティの意味をコービーが語った貴重なインタビューから抜粋

屈辱をモチベーションに

基本の積み重ねは才能を超える

壁を超える方法を常に考える

 

 

関連記事

http://howdoispk.com/blog/what-is-mamba-mentality-part1

マンバチャレンジとは?

 

 

コービーの遺した言葉・名言・格言

 

僕は次のマイケルジョーダンになりたいわけではない。私は、ただコービー・ブライアントでありたいだけ。

 

 僕はより難しいことに惹きつけられる傾向がある。

 

 僕は絶対に勝てるということ以外に興味がない。

 

(マイケル・ジョーダンから)とにかく楽しむように言われた。良いことであっても、悪いことであっても、楽しむように言われた。

 

苦しいことがあるから、最終的に感謝する瞬間が生まれる。

 

コートでは泣かない。

 

追い込んで、追い込んで、追い込んで。

 

素晴らしい日々と同様に、本当に辛かった日々にも感謝している。

 

全てのネガティブなプレッシャー、困難は、僕は全て、私の成長のための大切な機会だ。

 

不安やプレッシャーとどう付き合うのか。エゴを黙らせるにはどうするのか。そういった内なる戦い全てにどう勝つか?

 

 僕のプレイするときの態度、気性、トラッシュトーク、それら全てはそこ(フィラデルフィア)から来てるんだ。

 

皆さんが僕にしてくれたことは、僕が皆さんにしたことを遥かに超えている。

 

僕が恐怖心を力に変えたところを、ファンの皆にも見てもらえた。

 

 一番大切なのは自分が愛することを見つけること。

 

感謝の気持ちはその瞬間、瞬間で湧き上がるんだ。

 

 僕の心は批判を受け入れることができる。僕の精神は苦しみにも耐えられる。けれど、僕の肉体はもう潮時だということをわかっている。

 

れだけ周りに影響することができるか。

 

偉大な選手の一人になりたかった。

 

成長を求めながら、起こることに身を任せる。

 

教え続けて、支え続けて、自分のプレイも高められるようトライする。

 

Determination silences doubters.

「決断」は、疑うものたちを黙らせる。

 

I have self-doubt. I have insecurity. I have fear of failure. I have nights when I show up at the arena and I’m like, ‘My back hurts, my feet hurt, my knees hurt. I don’t have it. I just want to chill.’ We all have self-doubt. You don’t deny it, but you also don’t capitulate to it. You embrace it.

自身喪失する事もある。不安になる事もある、失敗への恐怖も持っている。「腰が痛い、足が痛い、膝が痛い。自身がない。ただ、ゆっくりとしたい」と思う試合の夜だってある。僕らはみんな不安を抱えている。それは否定しなくていい。 だが、見過ごす必要もない。その不安を抱きしめるんだ。

 

Sports are such a great teacher. I think of everything they’ve taught me: camaraderie, humility, how to resolve differences.

スポーツは素晴らしい教師だ。僕に全てを教えてくれた。友情、謙虚さ、困難の解決法をね。

 

The most important thing is to try and inspire people so that they can be great in whatever they want to do.

最も大切な事は、人々を奮い立たせ、彼らをなりたい自分にさせてあげる事だ。

 

I can’t relate to lazy people. We don’t speak the same language. I don’t understand you. I don’t want to understand you.

怠けた人々と関わることはできない。僕らは同じ言語を話さない。僕は彼らを理解できない。理解したくもないね。

 

Can I jump over two or three guys like I used to? No. Am I as fast as I used to be? No, but I still have the fundamentals and smarts. That’s what enables me to still be a dominant player. As a kid growing up, I never skipped steps. I always worked on fundamentals because I know athleticism is fleeting.

昔のように2,3人を飛び越えることができるだろうか?できない。
かつてのようなスピードがあるだろうか?ない。
だが、今でも僕には「基本」と「賢さ」がある。これらが、僕が未だに支配的なプレイヤーである理由だ。子供から成長していく中で、僕は決してステップを抜かして進んだことはなかった。運動能力が失われることは分かっていたから、いつだって基本に忠実に取り組んできた。

 

Winning takes precedence over all. There’s no gray area. No almosts.

勝利こそが最優先事項だ。それ以上のものは存在しない。

 

I don’t talk trash often, but when I do, I go for the jugular.

トラッシュトークをそれほどすることはないよ。でも、もしするときは急所を狙いに行く。

 

What people see on court is another side of me; it’s not me.

人々が見るコート上の人物は、もう一人の僕だ。本当の僕ではない。

 

I don’t want to be the next Michael Jordan, I only want to be Kobe Bryant.

ネクストジョーダンにはなりたくない。ただ、コービーブライアントでありたいんだ。

 

I’ll do whatever it takes to win games, whether it’s sitting on a bench waving a towel, handing a cup of water to a teammate, or hitting the game-winning shot.

勝つためだったらなんだってやる。ベンチに座ってタオルを振ることだろうが、チームメイトに水を渡すことだろうが、ウィニングショットを決めることだろうが。

 

I’m chasing perfection.

僕は「完璧」を追い求める。

 

I focus on one thing and one thing only – that’s trying to win as many championships as I can.

僕はたった一つのことにフォーカスし続ける。それは、可能な限り多くのチャンピオンシップを手にすることだ。

 

My parents are my backbone. Still are. They’re the only group that will support you if you score zero or you score 40.

両親こそが僕のバックボーンだ。スコアが0点でも40点でも変わらずにサポートしてくれるのは、彼らだけ。

 

In an individual sport, yes, you have to win titles. Baseball’s different. But basketball, hockey? One person can control the tempo of a game, can completely alter the momentum of a series. There’s a lot of great individual talent.

個人スポーツにおいては、タイトルを取ることが全てだ。野球は違う。だが、バスケットボールとホッケーはどうだ?一人の選手がゲームのテンポを支配することも、勢いを変えることだってできる。個々の才能に溢れているんだ。

 

I don’t think a coach becomes the right coach until he wins a championship.

チャンピオンシップを獲得するまでは、コーチを正しいコーチだと思わない。

 

It’s hard for me to grasp the concept of somebody being nervous when I’m talking to them.

僕が会話をするとき、ビビってしまうヤツがいるのを理解することが難しいよ。

※だってあなた、怖いもの…

 

Christmas morning, I’m going to open presents with my kids. I’m going to take pictures of them opening the presents. Then I’m going to come to the Staples Center and get ready to work.

クリスマスの朝、僕は子供達と一緒にプレゼントを開けるだろう。プレゼントを開けた子供達の写真も取る。それからステイプルズセンターに行って仕事に備える。

The only thing I’m afraid of is bees. I don’t like bees. I’m allergic to them.

僕が唯一恐れるのはハチだけだ。ハチは好きじゃない。アレルギーがあるんだ。

 

I like playing for the purple and gold. This is where I want to finish up.

僕はゴールド&パープルのためにプレーすることが大好きなんだ。ここが、僕のキャリアを終えたい場所だね。

 

People just don’t understand how obsessed I am with winning.

人々は、僕がどれだけ勝利に執着しているかを知らない。

 

Let them freak out its good for the soul

思う存分パニクれ。精神にいいぞ。

※2015年、開幕から連敗が続き、記者が「パニックになってしまっているレイカーズファンはどうすればいいか?」と聞いたときのコービーの返し。

 

Once you know what failure feels like, determination chases success.

一度失敗の味を知ってしまったら、成功を追い求めるようになるものさ。

 

The moment you give up, is the moment you let someone else win.

君が諦めるときは、他の誰かが勝利するときだ。

 

If you’re afraid to fail, then you’re probably going to fail.

失敗を恐れていると、おそらく失敗する。

 

If you want to be great at something, there’s a choice you have to make. What I mean by that is, there are inherent sacrifices that come along with that.

もし何かにおいて偉大になりたいのであれば、そこには選択肢が現れる。そして、そこには犠牲にしなくてはならないものが存在する。

 

Everything negative – pressure, challenges – is all an opportunity for me to rise.

全ての憂鬱、重圧、挑戦_これら全てが僕を成長に導く好機だ。

 

I’m playing against great players, playing against the best in the world. The competition – that’s what I’ve always wanted.

僕は素晴らしい選手たち、最高の選手たちと戦い続けている。競争_これこそが僕の欲するものだ。

 

If you don’t believe in yourself, no one will do it for you

もし自分が自分自身を信じなかったら、誰が自分を信じてあげられるというのか。

 

Dedication sees dreams come true.

献身が夢を叶える。

 

Passion is the fuel for success

情熱は成功のための燃料だ。

 

Life is too short to sit around and hold grudges. It doesn’t make any sense to do it.

人生は座って誰かを恨んでいるには時間が短すぎる。そんなことをする意味はどこにもない。

 

Those time you get up early and work hard, those time you stay up late and work hard, those time you don’t feel like working, you are too tired, you don’t wanna push through but you do it anyway. That is actually the dream. That’s the dream. That’s not destination, that’s journey.

早起きしてハードワークするとき。遅くまで起きてハードワークするとき。働く気にならずとても疲れていて、何もしたくないけど、とにかくやり遂げたとき。それこそが夢なんだ。夢とは「目的地」ではなく、その「旅路」のことなんだ。

 

 

参考文献

Kobe Bryant: Basketball legend dies in helicopter crash

コービー・ブライアントの名言33選を英語付きで!狂った努力家の格言集

コービー・ブライアントの名言・格言20選|心に響く言葉

「師であり友だった」、ジョコビッチがコービー氏を思い涙

コービー・ブライアントの訃報を受けてマイケル・ジョーダンが声明を発表

 

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」