がんの画期的な治療方法が見つかったかもしれない。

薬剤に液体のりの主成分を混ぜると治療効果が大幅に高まることを東京工業大のチームが発見。(1月23日発表)がん細胞に薬剤を取り込ませて、中性子をがん細胞にあてて壊す放射線治療。

この放射線治療は、国内10カ所弱の施設で臨床試験が進んでいるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)のことだ。正常な細胞へのダメージが少ないことから、次世代の放射線治療として期待されている。

薬剤がスライムのようになることで、がん細胞にとどまりやすくなるという。マウスの実験では大腸がんのマウスで試したところ、がん細胞がほとんど増えなくなって「根治に近いレベルを実現」できたそうだ。

 

課題の解決となったポイント

この治療法は、ホウ素化合物ががん細胞から流出しやすいのが課題だった。研究チームは、ホウ素化合物に液体のりの成分であるポリビニルアルコール(PVA)を混ぜると、スライムをつくるのと同じ原理で分子が長くなることを応用したという。これによって、がん細胞が薬剤を取り込みやすい形となり、がん細胞の中に入るホウ素化合物の量は約3倍になった。

 

東工大の野本貴大助教は「PVAを混ぜるだけなので製造しやすく、実用性は高い。人の臨床応用につなげたい」と話している。

この成果は米科学誌サイエンス・アドバンシズにも発表された。

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」