※この記事は、2017.2.19に書かれた記事です。

 

 

 

アニメ「銀河鉄道999」が見たい。

主人公のテツローは、
機械の体になるために

銀河鉄道999という宇宙列車へ
メーテルに連れられ
乗車します。

 

機械の体になることで
不老不死の体を
手に入れられるというのです。

 

そこで色んな星を旅します。
テツローは命懸けの冒険を経て
様々な気づきを得ます。

 

この物語の結末は
衝撃的です。

 

忘れましたが。。

 

ただ、
その衝撃波だけは
今でも思い出せます。

 

漫画、映画、歌、本、事業など
あんなにも命を削る作業を
どうして続けることができるのか。

 

そこに興味を持ち始めたのは
自分で何かを作り始めた時からです。

 

創作者の想い
彼らの知り得る情報から
発信されるメッセージ

 

命を削って生み出された作品の中には
何かとんでもないメッセージが
込められていると感じるのは
私だけでしょうか。

 

鵜呑みや早合点はあきまへんが、
そのようにして観ると
何か新しい側面が
見えそうな気がします。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ

さらに下のボタンからSNSに拡散していただくととても嬉しいです!