※この記事は2014年頃に公開していた記事です。

はじめに

これは実際にあったノンフィクションの出来事です。

行動すると見えてくるもの

やる前に知っていたことと

実際にやってみてわかってくるものがあります。

それも、深くやってみて

はじめてわかってくることもあると思うのです。

行動してみてわかること

 

昼間、某倉庫にて

ある機材がありまして
処分を検討していました。

 

「所有権がA氏に移行している」と
そこに居合わせた一人が言うわけです。

 

私はそうなのか?
と思いながらも

 

弁護士Y先生にお電話で
ご相談させていただいたところ
昔の資料を確認してくださいました。

 

その結果、わかったことは
所有権ではなく
請求権がA氏にあるとのことでした。

 

権利関係のお話しを少しだけ
教えていただき大変勉強になりました。

 

「お手間をとらせてしまって申し訳ございません。

お金も払わずに、、、振込み先を教えてください。」

 

とお伝えしたところ

 

「大丈夫ですよ!
アフターサービスです^ ^」

と弁護士の先生

 

なんと良い人なんだ!
と思いました。

 

法律関係でなにか
問題を抱えている人がいたら
ご紹介しようと思いました。

 

じつは、
その機材のことは
しばらく放置していた
案件だったのですが

 

行動してみたら
そこから見えてくることがありました。

 

やってみないとわからないことが
世の中にはたくさんあるなと
思った次第です。

 

行動してみたら
何かの勘違いで
むずかしそうに
見えていた問題も

 

案外簡単に片付くかもしれない

 

まとめ

 

今回、ご紹介したお話では

「やってみて良かった」と思える体験でした

行動していく中では「これはやってはいけないな」と

二度と同じ失敗をしないように

内省する機会を得ることもあります。

どちらにしても、人生をより良いものにしていくことに変わりはありません。

小さな行動を、毎日1つでも小さなチャレンジを続けていくと

いつの間にか、夢が目標に変わり日々の一歩が前進となる。

 

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」