耐えて勝つ【為替金言集】FXBOOTCAMP

【耐えて勝つ】

プロの将棋や囲碁の世界で天下を取る人は、耐える時には、じっと耐える業を身につけている。誰もが、じっとしておれない時に、同調して走らないのも耐える業(ワザ)である。耐えるということは、物事の道理がわかり、先を読む力量があるかないか。それは哲学である。

 

「籌策(ちゅうさく)を帷帳(いちょう)の中にめぐらして、勝を千里の外に決す」と言う。帷帳は帷幄(いあく)のことで、本陣の中に幕を張って作戦計画をめぐらすところ。


相場も、時には耐えるという時間帯があるわけで、見切る(損切りする)か、耐えるかは相場力による判断である。

 

ー為替金言集ー

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」