LOADING

Type to search

無理のない生き方

Share

2016か2017年に公開した投稿を編集した

 

 

「無理」とは理(ことわり)が無いと書きます。

理が無いというのは
ルールが無いということ。

ルールがあると、
やることがシンプルに見えます。

ルールというと
型にハマったように
聞こえてしまうかもしれませんが
全然そんなことはありません。

 

自然の摂理
宇宙の法則

 

といってもいいかもしれません。
大げさな話しではなく身の回りに溢れています。

 

たとえば日本では
春を知らせる春風が吹き
春には桜が咲き
夏には蝉の声が聞こえ
秋には葉が鮮やかに色づき
冬には雪がふります

 

地域によって様々ですし
海外に行っても四季はありますが
季節によって空気の流れや
気候に変化が見られます。

 

空気の変化(季節の移り変わり)に伴い
植物も動物もそれぞれに
行動パターンを変化させます。

 

人の場合も(日本の場合)
夏になったら軽装になり
冬になると服を着込みます。
季節に合わせて着る服を変えます。

 

空気の変化を肌で感じると
やるべきことが見えます。

 

しかし
その変化を感じられなくなってしまう時も
どうやらある様です。

 

そういう時は
どこかで無理をしていることが多いので
身体症状に現れたり
物事が進みにくいな?と感じたりする様です。

 

空気を読める優しい人は
「次は春がくるよー!」と
時に厳しく時に優しく
教えてくれると思いますが

 

教えられる方が
ずっと「冬のまま」だと思い込んでいた場合
その意味にすら気づけないケースもある様です。

 

冬は寒いので
たくさん着込みすぎると
腕や足を動かすのも大変ですからね。

 

自然の摂理をうまく取り入れていけば
「無理なく」自然に物事が進み始めます。

 

誰かのルールに縛られることなく
「地球の自転に合わせて生きる」ことで
やるべきことに集中できると思います。

 

「やるべきこと」というのは
苦しいことという意味ではありません。
楽なことをするという意味でもありません。

 

「自然体な本来の姿」で
生きるということです。

 

文字にするとちょっとカタく
聞こえてしまうかもしれませんが。

 

力を抜いて自然に身を任せるといいますか。

 

植物を育てるように種を蒔き
「愛してるよ」と声をかけ
適切な量の水をあげ(植物の種類よっては水をあげすぎると枯れてしまうものもありますし、たっぷりの水が必要な植物もありますので「適切な」と付けています)
それを毎日続けます。

 

すると
芽が出て
すくすくと成長します
花の場合は花が咲きます

 

このサイトをフォローする!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ

さらに下のボタンからSNSに拡散していただくととても嬉しいです!

嶋耕作(Kosaku Shima)
嶋耕作(Kosaku Shima)

自然を愛するFXトレーダー、雑食系作家です。たまにデザインの仕事もしています。仕事をしたくない時は、PUPG、人狼ジャッジメント、オースティンのゲームやアニメ、映画へ逃亡します。好きな食べ物は、寿司、ラーメン、タイ料理、トルコ料理、ラム肉。好きなスポーツは、バスケ、プール、散歩。好きな場所は、海、温泉、森、猫の肉球。お酒はほとんど飲みません。

  • 1

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »