四本値(よんほんね)

【読み方:よんほんね 英語名:4value】

四本値とは、マーケットにおいて、ある期間(時間)を区切って相場の値動きを示す時に、始値高値安値終値の4つの値段のことをいいます。

 

ローソク足FX基礎用語解説図解

 

また、四本値(4つの値段)のデータを基に、それを一つにまとめてグラフ化(チャート化)した代表的なものが「ローソク足」で、一分なら分足、一時間なら時間足、一日なら日足、一週間なら週足、一月なら月足、一年なら年足となります。

 

 

なお、テクニカル分析において、日本では、4本値(始値高値安値終値)の「ローソク足」がよく利用されていますが、欧米では、3本値(終値高値安値)の「バーチャート」の方がよく利用されています。

 

 

 

実際の取引の注意事項

一般に四本値は、外国為替(FX)や株式、商品先物、仮想通貨、株価指数先物・オプション、CFDなどの相場の値動きを示す時に使われていますが、実際の取引で利用する際に注意が必要です。

 

それぞれ、取引の時間帯が商品やマーケットによって異なるため、特に平日(営業日)であれば、24時間取引のできる外国為替証拠金取引(FX)やCFD取引などは、一日の区切りの時間帯が日本時間(0時~24時)とは異なるので注意が必要です(海外市場の開始と終了を基準に区切っています)。

 

 

【補足】

始値:その日の最初に取引された値段
高値:その日の取引された中で最も高い値段
安値:その日の取引された中で最も低い値段
終値:その日の最後に取引された値段

※日足の場合です。

 

 

Follow me!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ

さらに下のボタンからSNSに拡散していただくととても嬉しいです!

5 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください