ローソク足

ローソク足とは?

FX未経験初心者のために書いたブログ「ローソク足の基本」

ローソク足は、一定期間の値動きを「実体」と「ヒゲ)」の2つの部分で表したものをいいます。

 

 

 

ローソク足の歴史

それではまず、ローソク足の歴史を振り返ってみましょう。

 

ローソク足は、日本の江戸時代に出羽国(現在の山形県酒田市)の豪商・本間宗久が考案したもので、形がローソクに似ていることから「ローソク足」と名前が付けられています。(英語では、「Candlestick(キャンドルスティック)」と呼ばれています)

 

 

ローソク足が使われている市場

一般にローソク足は、一本だけでも、組み合わせても(時系列でも)、相場の動向が読みとれるため、テクニカル分析の最も基本的なものとして活用されています。私たちが取引をする外国為替(FX)の他にも、株式、債券、コモディティ等で世界的に利用されています。

 

 

 

ローソク足の構成

ローソク足は、トレンド系指標の一つで、一定期間の値動きを「実体」と「ヒゲ)」の2つの部分で表示しており、始値高値安値終値、の四本値を元に構成されます。

 

 

 

FX未経験初心者のために書いたブログ「ローソク足の基本」

 

実体

始値と終値の間の値幅を示す、長方形(太線)の部分。

 

 

ヒゲ(影)

実体と呼ばれる長方形(太線)の上下に伸びる線(細線)の部分。

    • 上ヒゲ:上に伸びている線
    • 下ヒゲ:下に伸びている線

 

 

始値・・・ そのローソク足の始まりの価格

終値・・・ そのローソク足の終わり

高値・・・ そのローソク足のなかで一番高かった価格

安値・・・ そのローソク足のなかで一番安かった価格

 

1本のローソク足は、開始と終了、最高到達点と最低到達点という4種類の価格で構成されており、始値より終値が高いものを陽線、始値より終値が安いものを陰線と呼びます。

 

    • 陽線は白:始値<終値(上昇)
    • 陰線は黒:始値>終値(下落)
    • 同時線:始値=終値

 

※チャートによっては、用船を赤、陰線を青などで表現することもあります。

 

 

 

ローソク足の種類

ローソク足には、様々な時間の単位があります。

1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足、年足などがあります。

1分間に1本のローソク足が作られるチャートを1分足、1日に1本が作られるローソク足なら日足と呼びます。

上のチャートは、1本のローソク足が1日の値動きを表す日足です。

 

 

 

ローソク足の見方

    • 大きな時間軸(期間の長い足)から見ていきます
    • 上昇が強い時は陽線が多く、下落が強い時は陰線が多くなります
    • 実体やヒゲの長さの意味を考えて見ていきます

Follow me!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ

さらに下のボタンからSNSに拡散していただくととても嬉しいです!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください