自由でクリエイティブな暮らしを応援!
Search

ビットとバイトとは?

コンピュータは全ての情報を「0」と「1」の組み合わせで認識しています。

0と1で表現することを「2進法」と言います。

 

 

ビット(bit)は、2進法の一桁のことを意味します。

例えば、8ビット(2の8乗)の場合は、256種類の判断ができます。

 

しかし、人間が情報を読み取ったり記録する時に「0」と「1」だけで判断することは難しいので、キーボードなどの様に人間が認識できる文字で表現することが基本となります。

 

例えば、キーボードで「A」と入力した場合、コンピュータは「A」と認識しているわけではなく、「0」と「1」の羅列によって認識しています。

 

また、コンピュータでは8ビットが基本的な情報の単位となっていて、8ビットのことをバイト(Byte)と呼びます。

 

これは、人間が理解しやすい文字が、256種類以内で表現できるのと、2進法で思考するコンピュータは2の乗数の8という単位を扱いやすいためそうなっています。

 

256種類の文字は、コンピュータが開発された欧米の文字である英数字と記号で7ビット(128種類)と、データ通信をする時に正しく送信できているかどうかチェックするための1ビットを加えて、8ビットの256種類であることに由来しています。

 

 

 

他によく用いられるビット数

8、16、32、64、128

いずれも2の乗数となっています。

]]>

いいね、シェア、フォロー歓迎!2020テーマは「自然から学び自然と共に生きる」

EVAHKS

運営:嶋耕作(しまこうさく)『相場の熊さん』の愛称で親しまれているFX裁量トレーダー、ライター。自然が好きで日本国内に山所有。ひいお爺様は外交官。20代前半に教育関連事業にて年商3億円達成。その後、肺炎で臨死体験。世界人口4%の性格タイプを持つ。自由と安定。混乱と静寂。異なる性質のふたつを併せ持っている。趣味は読書、映画、アニメ、PUPG、人狼ジャッジメント、バスケ、音楽。好きな場所は、海、森、温泉、猫の肉球。漫画の島耕作はサラリーマンですが、サラリーマンはこの世で一番やりたくない仕事です。

1 Comment
  1. […] ビットやバイトなど、コンピュータの情報の単位には下記のようなものがあります。 […]

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください