YouTube動画の再生数を1000倍にして稼ぐ方法




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

はじめに

・これからユーチューバーになって一刻も早く稼ぎたい人

・YouTubeをやっているがなかなか再生数が伸びない

・再生数を伸ばす方法を探している方

このような方を対象としてこの記事は書かれています。

 

 

YouTube動画の再生回数が1000倍に上り収入は〇〇〇倍に!?

 

ある日、私が作ったあるYouTube動画の再生回数がいきなり1000倍に跳ね上がっていた時がありました。

はじめ理由がわからずに色々原因を探していたのですが、2日後、ようやく動画再生数ば急激に上がった理由を突き止めることができました。

昔、CHAGE&ASKAの飛鳥さんが麻薬で捕まった事件がありましたよね。

私の動画再生数1000倍に伸びたのはちょどこの時期でした。

再生数が伸びた理由がそこにありました。

カンの良い方ならもうお気づきかもしれませんね。

 

そうです。

 

私の作った動画のキーワードに「CHAGE&ASKA」が入っていたんですね。

動画を作ったのはこの事件が起きる三ヶ月ほど前でしたので、トレンドアフィリっぽくなって再生数を稼ぐことができたということです。

再生数が伸びたので、当然収入も増えました。

しかし、その再生回数も永遠に伸び続けることはなく、2日くらいでその波はおさまってしまいました(汗)

収入がどれだけ増えたかはYouTubeの規約でちょっとここではお話しできませんが、動画の再生数を戦略的に伸ばしていくコツをこの体験からつかむことが出来たんですね。

予言ができる人は、まさにこれから起こる出来事を前もって動画にしてYouTubeにアップしていけばほぼ間違いなく再生数を伸ばして余裕で稼ぐことができるでしょう。私もよくこの方法を使ってYouTubeで荒稼ぎしている時期がありました。予言に自信のある方は、次にブレイクする情報を先取りして記事にしたり動画を作ったりすると良いかと思います。

 

ですが、予言ができない多くの方はどうしたらYouTube動画の再生数を伸ばすことができるのでしょうか。

その答えを今回はご紹介していきます。

あなたの動画に興味を持ち、関心がある人が関連動画から見にきてコメントしたり広告をクリックしてくれたりして収入を増やす方法があるのです。

いろいろな方法があるのですが、今回は先の例であげたトレンドアフィリの戦略でどうして再生数が上がるのかを解説していきます。

この方法を知ることでインターネットから収益を生み出すだけでなく、リアルビジネスからも収入を生み出すヒントになります。

 

 

なぜ動画再生数がいきなり増えたのか?

先に結論を言ってしまいますが、YouTubeの動画再生数がいきなり増えたことには理由があります。テレビのニュースやバラエティ番組などで取り上げられることによって多くの人にその情報が行き渡ります。そこから興味を持った人達がネットで検索を始めます。

ネットで検索したときに、そこにあなたの動画が魅力的なサムネイルとタイトルで一番上に表示されていたらどうでしょうか。当然、多くの方の目にとまり再生数が自然と増えていきますよね。

この現象から、多くの人が当たり前のように情報を得ている「テレビ」という情報発信機が出している情報をキッカケとして多くの人に影響を与えていることがわかりますね。テレビは、多くの人達に同じ情報を発信することができます。テレビに多くの人が集まっているので、テレビで発信された情報をインターネットで発信すれば、それに興味を持つ人達を集めることも簡単だということが言えます。

実際に、ユーチューバーの中にもニュースばかり取り扱っていたり芸能人のニュースなどを話題として、集まりやすいキーワードを狙って動画を日記ブログ(動画)のような感じで配信している方もたくさんいます。

 

ですが、最近はけっこう前からユーチューバーの発信する情報が元ネタとして、逆にテレビや雑誌で取り上げられることも多くなってきました。インターネットはネタの宝庫ですから、イチから企画を考えるよりも効率的なのかもしれません。それほど、インターネットの持つ潜在的な情報量と影響力が顕在化しているということです。

ということは、インターネット上でも提供できれば良いわけですね。人が多く集まっている場所には理由があります。私の動画再生数がいきなり増えたのにも理由があります。

人が集まっている場所に注目して、そのエッセンスを自分の動画にも取り入れることで、人を集めることができるようになります。具体的には、キーワード(言葉)になります。人の集まるキーワードをいかに見つけることができるかが再生数を伸ばすわかれ

道となります。

私の場合でいえば、CHAGE&ASKAのヤーヤーヤーとかジブリの短編映画にもなっている「ON YOUR MARK」という曲が好きだったので、単純に興味本意に好きで作った動画が、ある日事件をきっかけとして幸か不幸か再生数が伸びたということなります。

 

ちなみにですが、その作品そのものを違法アップロードしていたわけではなく、それらの作品の解説や見どころなんかを伝えるような動画でした。

 

これはたまたま再生数が伸びた例ですが、これを偶然ではなく、必然的にほぼ間違いなく再生数を伸ばしていくためにできる方法があります。

テレビで放送された内容をヒントに動画を作っていけば、ある程度再生数を稼ぐことができるようになります。

理由は簡単です。テレビに人が集まっているからです。

人が集まっているものをトリガーに、そのキーワードで動画を作っていくことで驚くほど簡単に人を集めることができます。

これは私自身、自分で作った自主制作アニメを流行らそうと思っていた時期があったのですが、再生数がびっくりするくらい全然伸びませんでした。それも当然といえば当然なのですが・・・。私の作った自主制作アニメのタイトルを誰も知らないということもそうですが「自主制作アニメを見たい」と思っている人がそもそも少ないという現実もあったからかもしれません。

もし、自分の動画の再生数を伸ばそうと思った時は、人が集まっているコンテンツのエッセンスを盛り込んでいくことで再生数を伸ばしていくことができます。これも本当に今トレンドなものを扱うよりも、これからトレンドが来るものを見極めて三ヶ月前には準備しておきたいですね。(遅くとも一ヶ月前)

こうすることで、誰よりも早く動画を見てもらいやすくなります。

必然的にあなたの動画が一番再生されることになります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

人が集まっているものを題材とすることで、誰でも動画の再生数を伸ばすことができます。

この方法を使ってYouTubeで稼いでいる人はたくさんいます。

YouTubeの記事を書いて欲しいという声が多いので、また機会があったら書いていこうと思います。

※この記事は2年くらい前に書いたものを加筆修正したものになります。

 

2017.1.7更新 「CHAGE&ASKA」を「CHAGE&ASKAの飛鳥さん」に変更しました。

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

嶋耕作

ライター、自主制作アニメも作ったりしている。自身が主催してきたイベント企画で培った集客運営等のノウハウを使ってサイトやYouTubeなどメディア運営のサポートを行っている。