YouTubeに早く動画をアップロードする方法

YouTube




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

 

アップロードに時間がかかる場合の対処方法

YouTubeに動画をアップロードする時に、何時間も処理が終わらずに待ち続けた日々。。。今回はファイルのアップロードを素早く行う方法をご紹介します。

 

注意点

アップロードが遅いからといって、何度も「キャンセル→アップロード」を繰り返さない方が良いです。その動画をアップロードできなくなることがあります。筆者の経験では過去2014年1月頃2回ほどアップロードできなくなりました。汗

 

 

アップロードする動画のファイル形式

MP4、WebMファイル、MPEG4、3DPP、MOVファイル、AVI、MPEGPS、VMW、FLV

 

上記ファイル形式だと動画のアップロードが早くなるようです。ちなみに筆者は映像関係は主にMacを使うので、ファイルの形式はもっぱらMP4でアップロードしてます。MOVだとファイルのサイズが大きくなってしまってたので。MP4が一番軽いのではないかな。たぶんだけど。Windowsの場合はMP4形式がないらしいので、他の形式で軽いものを見つけてみてください。

 

 

Windowsでファイル形式の確認方法

動画の上にマウスを置いたら、

右クリック→プロパティ→ファイルの種類

 

 

ファイルの大きさを確認する方法

 

Macの場合

http://evahks.com/mac-howto-jpeg-png-image-size-gif/

 

 

Windowsの場合

http://evahks.com/windows-pc-size-image-jpeg-png-gif/

 

 

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




YouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

嶋耕作

ライター、自主制作アニメも作ったりしている。自身が主催してきたイベント企画で培った集客運営等のノウハウを使ってサイトやYouTubeなどメディア運営のサポートを行っている。