WordPress投稿ページ・固定ページの使い方

WordPressの使い方基本知識(ワードプレス)




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

はじめに

WordPressでホームページを作る時に、WordPress管理画面の機能の中でも特によく使う「投稿ページ」と「固定ページ」の使い方をこのページで学ぶことができます。

(WordPress管理画面の詳細は「WordPress管理画面の使い方」を参照しましょう。)

 

 

投稿ページと固定ページの違い

WordPressでページを作成する時に、大きく分類すると2種類の方法があります。

それが「投稿ページ」と「固定ページ」です。

 

投稿ページ

投稿された時間によって年、月、日ごとに自動的に時間順で分類され表示されます。また「カテゴリー」や「タグ」で時間以外の方法で分類することもできます。ブログ記事やニュースサイトの記事を作る時は、投稿ページを使うのが一般的です。

 

固定ページ

例えば、会社のホームページですと会社概要やアクセスマップなどがあります。こうした投稿時間に関係なく、更新頻度の少ない情報を作る時に固定ページが使われます。基本的には固定ページにカテゴリーなど分類することは出来ませんが、固定ページ同士を関連付けることで情報を整理することができます。

 

 

記事を投稿する方法

WordPress管理画面>投稿>「新規追加」

WordPressで作るホームページの更新は、無料のブログサービスのように簡単に行うことができます。

WordPress使い方図解(投稿ページ・固定ページ)

WordPress管理画面の投稿から「新規追加」をクリックして新しい記事を作成します。

画面中央に表示される入力画面で「タイトル」「本文」を入力します。

画面右側に表示される項目で「下書き保存」や「公開」をします。時間指定で公開することも可能です。また、カテゴリーやタグを設定して記事投稿の際に選択することができます。カテゴリーやタグを設定しておくことで記事を分類することができます。詳細については「WordPress管理画面の使い方」を参照してください。

「アイキャッチ画像」で記事のサムネイルを設定することができます。

 

 

文字の装飾方法・ツールボタンの使い方(ビジュアルエディタ)

ビジュアルエディタで記事を書けば、文字を太くしたりリンクをつけたりなど、簡単に文字に装飾をつけることができます。

WordPress使い方図解(投稿ページ・固定ページ)
  1. ビジュアルエディタに切り替えます
  2. HTML入力に切り替えます
  3. 画像をアップロードします
  4. 文字を太くします
  5. 文字を斜体にします
  6. 文字に取り消し線を入れます
  7. 箇条書きにします
  8. 文頭に番号を入れます
  9. 引用文にします
  10. 横ラインを挿入します
  11. 左揃えにします
  12. 中央揃えにします
  13. 右揃えにします
  14. リンクを貼ります
  15. リンクを外します
  16. 「続きを読む」を挿入します
  17. ツールボタンをの表示・非表示

 

その他のボタンについて

ビジュアルエディタにはその他様々なボタンがあります。ボタンの上にカーソルを合わせると何の機能のボタンなのかが表示されます。また、ビジュアルエディタの機能を拡張できるプラグイン「TinyMCE Advanced」などを使うことで機能を拡張することができます。

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




WordPressの使い方基本知識(ワードプレス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

嶋耕作

ライター、自主制作アニメも作ったりしている。自身が主催してきたイベント企画で培った集客運営等のノウハウを使ってサイトやYouTubeなどメディア運営のサポートを行っている。