WordPressプラグイン投稿記事に定型文を入れるカスタマイズ方法

wordpressプラグイン使い方




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

記事の一部分は毎回同じ内容を表示させたい!

 

はじめに

記事の最後に「お読みいただきありがとうございます」とか、いつも同じ文言を入れておきたい時、そんな時、定型文として入れることができれば少しだけ記事を完成させるスピードも上げらることができますよね。

今回ご紹介するプラグインを使えば、ワードプレスで定型文を簡単に入れることができます。

プラグインですので、インストールすれば簡単に定型文を入れることが可能になります。

使い方も解説していますので参考にしてみてください。

 

ワードプレスで定型文を実装できるプラグイン「Adman」の使い方

 

 

1.Admanインストール

ダッシュボード左メニュー>プラグイン>新規追加

を選択し、検索欄で「Adman」と入力してプラグインを検索します。

それができたら、「いますぐインストール」をクリックします。

 

 

2.プラグインを有効化する

インストールが完了したら「プラグインを有効化」をクリックします。

 

 

3.Admanの設定

ダッシュボード左メニュー「設定」>「Adman」

をクリックします。

そして、各投稿ページに共通で表示させたい定型文を入力していきます。

 

設定画面の簡単解説

Ad-Code to appear on homepage only, before your first post:
ブログのトップページの最初の記事の前に定型文を表示させる

 

Ad-Code to appear before your post content:
記事の先頭に表示させる

 

Ad-Code to appear in the middle (calculated) or where you specify <!– adman –>:

記事内で

と入力した部分に表示させる

 

Ad-Code to appear after your post content

記事の最後に表示させる

 

 

4.Update Optionsをクリック

表示させたい場所に入力したら「Update Options」をクリックして保存します。

 

 

まとめ

いかがでしたか。このプラグインはアドセンスなどの広告表示や、期間限定の情報配信なども表示できます。使い方次第で効果的に情報配信していける魅力的なプラグインなのではないでしょうか。ぜひ、プラグインで楽をできるところは楽をして素敵なコンテンツを作っていただければと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




wordpressプラグイン使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

嶋耕作

ライター、自主制作アニメも作ったりしている。自身が主催してきたイベント企画で培った集客運営等のノウハウを使ってサイトやYouTubeなどメディア運営のサポートを行っている。