WordPress画像を圧縮して表示速度を上げる方法

ワードプレス画像を圧縮して表示速度を上げる方法




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

はじめに

ウェブサイト(ホームページ)で表示されている画像は、ファイルのサイズが大きくなればなるほど、表示されるまでに時間がかかります。せっかくあなたのサイトに見に来てくれた訪問者も、表示されるまで読み込みに時間がかかってしまえば当然、サイトからすぐに離脱してしまいます。

分からないことをインターネットの検索エンジンで調べている時、あなたも同じような経験があるのではないでしょうか。

今すぐに知りたいことを、早く知りたい。

そんな状況のなか、いつまでたっても内容が表示されないサイトを待つより、他のサイトを見に行こうと思ってしまうものです。

最近は、WordPress(ワードプレス)でブログやホームページ使っている人が増えているのですが、重たいサイトもよく見かけます。この機会に、画像のファイルを最適化してあなたのウェブサイトの表示速度を高速化していきましょう。

 

 

これからWordPressに画像をアップロードするときに画像圧縮できるサービス

「TinyPNG 」というサービスがあります。

※サービス名がPNGとなっていますが、JPEGの圧縮も可能です。

TinyPNGは、不可逆圧縮(lossy圧縮)といって、圧縮度が高い方法で圧縮することが出来ます。

 

 

TinyPNGを使って画像圧縮する方法

使い方はとてもシンプルです。

 

tinypng-wordpress

PNGもしくはJPEG画像をドラッグアンドドロップして放り込みます。

 

ワードプレス画像を圧縮して表示速度を上げる方法

すると、自動的に画像の圧縮が始まります。圧縮が終わると「download」リンクが表示されますので、リンクから圧縮画像をダウンロードすることが出来ます。

圧縮できているかどうかを調べるには、右クリックから「情報を見る」でファイルサイズを調べることも出来ます。(Macの場合)Windowsの場合はプロパティから調べることが出来ます。

この方法で調べなくても、TinyPNGでは圧縮前のファイルサイズと圧縮後のファイルサイズは表示されます。

他の画像圧縮できる方法はで、Kraken.ipというウェブサービスを使って圧縮する方法もあります。

 

 

WordPressメディアファイルや記事にすでにアップロードされている画像の圧縮方法

すでにWordPressのメディアファイルや記事中に埋め込まれている画像を最適化する時に、画像をリサイズして再度アップロードしようと思ったら、記事が少ないうちはいいですが、何万とか何千万という記事数になっていくとそのような所業は到底不可能に近いです。

WordPressの「EWWW Image Optimizer」というプラグインの自動処理によって、すでにアップロードされている画像を圧縮してくれます。

 

 

EWWW Image Optimizerの使い方

設定>EWWW Image Optimizer>EWWW Image Optimizer Settings

ワードプレスの設定からEWWW Image Optimizerを選択し、EWWW Image Optimizer Settingsをクリックします。

Optimizer Settingsの設定項目の中から、「Remove metadata」にチェックを入れてください。

この設定で、JPEG画像に埋め込まれた撮影情報(Exif)を除いてくれます。画像が多いサイトや訪問者が多いサイトになるほど、この設定の効果が実感できると思います。

 

EWWW Image Optimizer画像を一括圧縮する方法

EWWW Image Optimizerを常に有効化して使っている場合、アップロード時に画像が圧縮されています。

プラグインを有効化したばかりで、すでにアップロードされている画像をこれから一括圧縮する時はこの方法になります。

メディア>Bulk Optimize>Import images

 

①WordPress管理画面から、メディアを選択し、Bulk OptimizeのImport imagesボタンを押してください。

作業(画像圧縮)の重複を防ぐために、メディアライブラリの画像をデータベースに取り込みます。インポート中画面が出てきますのでしばらく待ちます。

 

②終了したらStart optimizingボタンを押す

メディア>Bulk Optimize>Start optimizing

終了したら、WordPress管理画面のメディアから、Bulk Optimizeに移動し、Start optimizingのボタンを押してください。すると、画像の圧縮が始まります。この作業は画像の量が多ければ多いほど時間がかかります。(画像の量によっては、1時間以上かかることもあります)

全て終了したら、メディア画像の圧縮作業は終了となります。

※プラグインを使う場合は、必ずバックアップを取って作業するようにしてください。

 

 

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

お役に立てましたらいいねやシェアなどで応援してもらえたら嬉しいです。

それではまたお会いしましょう。

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




ワードプレス画像を圧縮して表示速度を上げる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

嶋耕作

ライター、自主制作アニメも作ったりしている。自身が主催してきたイベント企画で培った集客運営等のノウハウを使ってサイトやYouTubeなどメディア運営のサポートを行っている。