WordPressホームページ作成方法【初心者が準備する5つのもの】

WordPressの使い方基本知識(ワードプレス)




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

初心者の人がWordPress(ワードプレス)を使って自分のホームページを作成するには、いくつか準備が必要です。WordPressを使うために用意するものと、完成するまでの作業の流れをこのページで学ぶことができます。

 

WordPressホームページ作成で準備する5つのもの

WordPressでホームページやブログを作成する時に、必ず必要になるものですのでもれなく全て準備しましょう。

  • パソコン
  • インターネット環境
  • WEBサーバー
  • ドメイン
  • WordPress本体

 

パソコン・・・パソコンはWindows・Macどちらでも大丈夫です。

インターネット環境・・・パソコンをインターネットに繋げる環境がないとWordPressを使うことができませんので、インターネットが使える環境を準備しましょう。

WEBサーバー・ドメイン・・・WEBサーバーとドメインは、基本的にはレンタルサーバーとレジストラ(ドメイン登録会社)を利用します。サーバーは自分で構築することも可能ですが専門知識を必要とするためここでの紹介は割愛します。レンタルサーバーもドメイン取得も有料となります。レンタルサーバー会社は、WordPressをインストールできる会社を選びましょう。提供する会社によって異なりますが、安価なものだとサーバーとドメイン代合わせて年間1万円以内で済みます。大きなデータを扱ったりアクセス数が多い場合はこの限りではありません。

WordPress本体・・・WordPress本体は無料で提供されています。レンタルサーバー会社によっては、自動でWordPressをインストールできるサービスがついています。

WEBサーバー、ドメイン、WordPressの仕組みの詳しい内容は「WordPressの仕組み基本知識」を参照してください。

 

 

WordPressホームページの作り方・手順

WordPressでホームページやブログを作成する手順になります。

  1. レンタルサーバーの契約
  2. ドメイン取得
  3. WordPressのインストール
  4. テーマ・プラグインの設定
  5. コンテンツ(記事・画像など)作成

 

 

①レンタルサーバーの契約

WordPressで自分のホームページを作るためには、インターネット上に自分の使える場所を確保する必要があります。そこで、レンタルサーバーを契約します。

レンタルサーバーを1つ契約すれば、複数のホームページやウェブサービスを作り管理することが可能になります。(※ただし、サーバーの契約会社やあなたの作るホームページやサービス内容、アクセス数などによっては複数作れない、作らない方が良い場合もあります。)

選ぶポイントとしては「機能」「料金」「使いやすさ」「セキュリティ」「通信速度」などを見ていくと良いです。料金に関しては、企業向けに提供されているサーバーサービスになると高額になってしまい個人で契約するにはハードルが高くなってしまいます。「WordPressサーバーの契約方法」で、個人でWordPressに取り組みやすいサーバーとその契約方法を参照してください。

 

 

②ドメイン(URL)取得

自分のホームページを作るなら、ドメインも自分のお気に入りのものにしたいですよね。.comや.jpの前に来る部分(好きな名前.com、好きな名前.jp)を自分の好きな文字や数字の配列で契約することができます。これを独自ドメインと言います。独自ドメインにすることで、ホームページやウェブサービスを公開する、あなただけのインターネットの住所を手に入れることができます。

ムームードメインやお名前.comなど独自ドメインを取得できるサービスはたくさんありますが、WordPress初心者向けの安価で管理しやすいサービスをまとめた「独自ドメイン取得方法【WordPress初心者向け】」を参照することでスムーズにWordPressを使うための独自ドメインを取得することができます。

 

 

③WordPressのインストール

サーバーにWordPressをインストールします。と言っても、レンタルサーバー会社によってはWordPressを簡単にインストールできるサービス(WordPress自動インストールなどと呼ばれるサービス)が用意されています。WordPressのインストールは「WordPressをサーバーにインストールする方法」を参照してください。

WordPressをインストールする時に「サイトのタイトル」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力してWordPressをインストールします。ここで入力したユーザー名とパスワードでWordPressの管理画面にログインすることができます。

 

WordPressのバージョンについて

WordPressバージョンアップについて

WordPressは日々、新機能の追加やバグの修正などを行っていてバージョンアップが行われます。バージョンアップを行うことでWordPressはより便利になっていきます。バージョンアップは、WordPress管理画面から簡単に行うことができます。WordPressの管理画面の使い方は「WordPress管理画面の使い方」を参照しましょう。WordPress運営で必ず使う機能の使い方をマスターして自由自在にホームページ作成・管理を行えるようにしておきましょう。

 

WordPressのバージョンアップについて

使用しているテーマやプラグインによってはバージョンアップが原因で不具合を起こしてしまう可能性があるの気をつけましょう。具体的には、テーマもプラグインも定期的にバージョンアップされているものを使うようにしたり、アップデートする前にテスト用サイトで試したり、定期的にバックアップを取っておくことをお勧めします。

 

 

④テーマ・プラグインの設定

WordPressテーマをインストールする方法(図解)

WordPress本体をインストールすることができたら、サイトのデザインを決めましょう。WordPressではデザインテンプレートのことを「テーマ」と呼びましょう。どんなホームページを作りたいかイメージを決めて、WordPressのテーマを探しましょう。テーマの探し方とインストール方法は「WordPressテーマをインストールする方法」を参照してください。

また、WordPressには欲しい機能を自由に追加できる「プラグイン」という仕組みが用意されています。プラグインを追加していくことで、自分だけのSNSを作ったりショッピングカート機能をつけたりなど…思い通りのホームページ制作が可能になります。WordPressプラグインの使い方は「WordPressプラグインの使い方インストール・停止・削除・更新の方法」を参照してください。

 

 

⑤コンテンツ(記事・画像など)作成

WordPressのテーマが決まったら、記事や画像をアップロードして自分だけのホームページを作り込んでいきます。WordPress管理画面には簡単で使いやすい機能がすべて揃っています。WordPressで自由に好きなホームページを作るための使い方を「WordPress管理画面の使い方」でマスターしていきましょう。

 

 

まとめ

HTMLやCSSなどウェブの知識に自信がない方でも、ほんの少しやり方を知ることでWordPressを使うことができるようになります。自分の思い通りのホームページを一人で作ってみたい方はこのサイトの検索窓で「WordPress」と入力して調べてみてください。WordPressの基本的な使い方から目からウロコの裏技までウェブデザインに関する知識とノウハウを幅広くご紹介しています。

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




WordPressの使い方基本知識(ワードプレス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

嶋耕作

ライター、自主制作アニメも作ったりしている。自身が主催してきたイベント企画で培った集客運営等のノウハウを使ってサイトやYouTubeなどメディア運営のサポートを行っている。