WordPress固定ページオリジナルテンプレートの作り方と追加方法

wordpress使い方




WordPressの固定ページで、テーマによってはページのテンプレートを選べるようになっています。

 

WordPress固定ページのテンプレートを追加する方法

 

今回は、テンプレートの作り方と追加方法についてご紹介します。

オリジナルテンプレートを作って追加することで記事を自分好みのレイアウトにすることができます。

 

 

用意するもの

・SyberduckなどのFTPソフト

・子テーマ

※子テーマはなくてもテンプレート制作出来ますが、子テーマを推奨します。

理由は、親テーマがアップデートした時に、テーマにカスタマイズした全てのデータが書き換えられてしまうからです。子テーマを使うことによって、親テーマのアップロードがあっても制作したオリジナルテンプレートのデータは上書きされずに済みます。

 

 

オリジナルテンプレートの作り方

 

①デフォルトテンプレートを複製

WordPressの管理画面 > 外観 > テーマの編集

WordPressの「テーマの編集」の中にある「page.php(デフォルトテンプレート)」を選択して、ソースコードをコピーします。

 

②新しいファイルを作る

・miやサクラエディタなどのテキストファイルに先ほどコピーしたテンプレートのコードをペーストします。

 

・ペーストしたコード上部の【Template Name: XXXXXX】のXXXXXX部分を任意の名前に書き換えて(この部分は日本語も可能)、ファイル名(半角英数字)をつけて保存します。

この作業をすることによって、このファイルは新しいテンプレートとして認識されます。

 

③子テーマにアップロード

public_html/wp-content/themes/子テーマか親テーマ(※子テーマ推奨)

 

先ほど保存した新しいテンプレートのファイルを、FTPソフトを使って子テーマにアップロードします。親テーマでも良いですが子テーマにアップロードを推奨します。

 

ここまでの作業が完了すれば、固定ページに新しいテンプレートが追加されています。

 

 

オリジナルテンプレートをカスタマイズする方法

ここでは深く触れませんが、新しいテンプレートだけにCSSを適用させます。

 

(style.css)

例えば、上記のコードをCSSに記述すると、simple-page.phpという名前のファイルのみに装飾が適用されて、pタグの文字が全て赤くなります。

※simple-page.phpの部分は、ご自身のつけたファイル名に変えてください。

 

 

 




よく読まれている記事

wordpress使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です