W3Cとは

w3c




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

W3Cってなあに?

 

W3C とは、World Wide Web Consortiumの略で、
読み方は「ダブリュースリーシー」と読みます。

 

これはホームページの言語や標準規格を決めている非営利団体のことを指しているんですね。

つまり、ホームページを作る上でこの団体がルールを決めているということになります。

 

ホームページのHTMLの正しいソースの書き方の基準を

W3Cが決めているので、W3Cが定めた基準をクリアして

100点満点のソースを記載できれば、バナーをホームページに貼ることができます。

これが貼ってあると、単純にSEOにいいと言えます。

なぜかといえば、『W3C=正しいHTMLである』ことの

証明でもあるからです。

 

これはどういうことかといえば、GoogleやYahooなどの

検索エンジンに対しての評価も高くなると考えられます。

 

W3Cでサイトが100点かどうかチェックできるサービス

Another HTML-lint gateway

http://openlab.ring.gr.jp/k16/htmllint/htmllint.html

 

チェックしてみて、エラーが出た箇所を全部直せば100点になります。

 

 

よくあるエラー

【シングルタグは最後に/を入れる】

<br> → <br />

<hr> → <hr />

 

 

【大文字でエラーが出たら小文字に直す】

<BR /> → <br />
<IMG SRC=””・・・ /> → <img src=””・・・ />

 

 

【brタグは連続して書かない】

文章~<br /><br />文章<br />ではなくて、

<p>文章</p>文章<br />

というように、pタグを使うようにしてみるといいと思います。

 

 

【imgタグの書き方】

imgタグを書くときは、必ず以下の属性を書くようにしましょう。

1.width=”横幅”
2.height=”縦幅”
3.alt=”代替テキスト”

この3つの属性さえ押さえておけばエラーは出ないです。

<img src=”画像のURL” alt=”代替テキスト” width=”横幅” height=”縦幅” />

全部入れた状態が、こんな感じになりますね。

あと他に細かい注意として、
・代替テキストには全角スペースを入れないこと。
・各属性の間には半角スペースを入れること。
・すべて小文字であること。
・タグの最後は、「 /」(半角スペースとスラッシュ)で閉じること。

 

INNCで提供してるテンプレは全てW3Cに準拠したテンプレになっています。

アドセンスのソースとかも、そのまま張るとエラーが出ちゃうものですが、
INNCのSEOテンプレートだったらエラーが出ないように工夫されて作られているとのことです。

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




w3c

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

嶋耕作

ライター、自主制作アニメも作ったりしている。自身が主催してきたイベント企画で培った集客運営等のノウハウを使ってサイトやYouTubeなどメディア運営のサポートを行っている。