サイト自動転送リダイレクトの方法と記述例

インターネット簡単活用方法




 

サイトのURLを変更した時や記事を引っ越した時などに使えます。

ソースコードを1行書くだけで、特定のページへアクセスすると指定のURLに自動転送する様に設定出来ます。

 

 

 

【2種類のリダイレクト方法】

 

 

①アクセスされた瞬間に自動転送する方法

ユーザーがアクセスした瞬間に移転先へ自動転送されます。

一瞬で移転先のサイトが表示されるので、利用しているユーザーはURLが変更していることに気づかないかもしれません。転送元のURLもブラウザに残らないくらいスムーズな自動転送の方法となります。

 

 

①-1. 「.htaccess」のリダイレクト機能で一括自動転送する方法

 

 

完全に移転する場合の自動転送

 

 

 

一時的に転送する場合の自動転送

 

 

 

サイト全体を移転する場合の記述例

移転元「/」

転送先「http://evahks.com/

この1行を記述するだけで、トップページだけでなく移転元サイトへのあらゆるアクセスが全てサイトへ転送されます。

赤字部分http://evahks.com/はご自身の転送先URLへ書き換えて記述してください。

 

 

 

一部のページだけ移転する場合の記述例

転送元サイトのページhttp://www.example.com/ahaahaha/だけ、アクセスされた時に別サイトhttp://evahks.com/search/へ移動させたい場合

この様に記述します。

転送元「/ahaahaha/」

転送先「http://evahks.com/search/」

 

指定したディレクトリ「/ahaahaha/」以下の全てのアクセスが転送先サイトへ転送されます。

 

 

 

 

①-2. JavaScriptで自動転送させる方法

この1行を記述しておくと、このスクリプトが読み込まれた時点で「http://evahks.com/」へ自動転送されます。

 

 

パス(ディレクトリ名やファイル名など)を維持して移転先サイトに自動転送させる場合

 

 

 

URL末尾の「?」や「#」などの記号が続いている部分も維持して自動転送させる場合

 

 

 

JavaScriptでリダイレクト(自動転送)させる記述例

 

 

 

 

 

②転送メッセージを表示してから自動転送する方法

自動転送される前に移転案内ページを数秒間表示させることが出来ます。

自動転送前に「このサイトURLはこちら新URLへ変更しましたので自動転送されます。」などの表示をユーザーに見せてから転送する様にしておけば、URLが変更した事を知らせることが出来ます。

ただ、このメッセージの表示によって、サイト表示まで待ち時間が出来てしまうというデメリットもあります。移転案内のページも、ブラウザの「戻る」ボタンを押すと再度同じ移転案内ページが表示されます。

 

 

 

HTMLにmeta要素を記述。アクセスから数秒後にリダイレクト(自動転送)させる方法

 

 

 

 

アクセスから数秒後に自動転送させる記述例

HTMLのhead要素内(<head>〜</head>)に記述します。

この1行書いておけば、移動までの待ち時間(content属性)と移動先URLを「;」で区切って記述します。

 

※ユーザーの環境によって(使っているブラウザなど)自動転送されないケースがあるので、移動用のURLも一緒に掲載することをお勧めします。指定秒数を待たずにすぐに移動したいユーザーのための措置にもなります。

※ウェブサイト内の全てのページで自動転送させたい場合は、サイト内の全てのHTMLに1つ1つ同様の記述を加える必要があります。

 

 

 

 

③その他の方法

ご利用のサーバーで自動転送機能がついているものもあります。

エックスサーバーでサイトの自動転送(リダイレクト)する方法

 

 




よく読まれている記事

インターネット簡単活用方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です